色カラー
色彩を中心とした情報サイト


ロゴマークをデザインするときの考え方

KNACK OF DESIGN

ロゴマークの作り方

ロゴは絵だけ・文字だけ・文字と絵が組み合わさったものに分けられます。

文字だけのロゴはタイプラボともいいます。

ブランドを記憶してもらうためにロゴは効果的です。

ここでは、新人デザイナーが知っていて欲しいロゴをデザインするときの考え方とやり方、作成方法をいくつか紹介します。

コンセプトを付ける

ロゴを作成するときには、このロゴはこんな意味やイメージで考えて作ったという理由をつけます。作った後にこじつけでもいいので考えてください。

コンセプトが説明できないとロゴの必要性や価値はなくなってしまいます。

フォントをそのまま使わない

ロゴ作成で使う文字は作字して作るべきです。ロゴの使用レベルによりますがCIロゴともなればオリジナリティは必須になります。

ありきたりにならないためには、まず紙に書いてイメージを作ることをオススメします。フリーハンドで自由に描いてみた方がパソコン上でだけで作るよりもユニークなロゴができあがります。

フォントをベースにするにしてもなにかしら手を加え、加工して個性を出しましょう。

色で誤魔化さない

ロゴはまずは形がすべてです。墨一色でも主張してくるロゴを作りましょう。

ベジェ曲線でつくる

ロゴはイラストレーターなどのベジェ曲線の使えるグラフィックソフトで仕上げた方が使い勝手がいいものになります。場合によっては手書きのものをそのまま画像として使用することもありますが、繰り返し使うならパスデータ化したほうが便利です。

ロゴは拡大縮小したりして名刺や封筒や商材、看板などといろいろな用途に使います。サイズを変えたときにロゴのデザインがガタガタになったり変化したりしないように作ったほうが利点が多いです。

とくに理由が無ければビットマップの画像でなくパスのあるベジェ曲線で作成しましょう。

スポンサーリンク


急ぐときのロゴの作成案

大至急制作しなければならないときのスピード作成方法としてフォント文字をロゴっぽく仕上げる技として次のことを知っていると重宝します。

文字の天地の高さをそろえるだけでもロゴになる

フォントは同じサイズでも一つ一つ比べたときには天地左右の大きさは違います。バランスを均一に整えるだけでもロゴになります。

文字の太さを均一にするだけでもロゴになる

フォントをトレースして均一の文字幅の字を作ることでロゴが出来上がります。

フォントは文章として読んだときに読みやすいバランスに1文字ずつ調整されています。マークとしての塊で見たときには文字によって強弱ができてしまっているのでそれをフラットにすることでロゴっぽくなります。

オンラインのロゴ作成ツールを使う

ロゴ作成に時間をかけたくない・ロゴ作成に必要なデザインスキルがない、という方はオンラインのロゴ作成ツールを試してみてください。ロゴジェネレーターを使えば、自分自身で素敵なロゴをデザインすることができます。

例えば Logaster というツールは、ネーミングを入力しメニューに沿って選択していくだけで簡単にプロレベルのロゴを作ることができます。ロゴは自由に編集でき、色やフォント、アイコン、配置をしっかり決めてからダウンロードできます。

一般的な画像形式(PNG, PDF, SVG, JPEG)のサポートやSNS向けに適したロゴやファビコンなど様々な用途での使用に対応しているので便利です。


スポンサーリンク

デザイン講座

デザインの考え方


文字・レイアウト・色


データ作り


紙・用紙


制作の知恵


WEB


今月のカラーニュース:色のトピック

色占い 言葉の色を鑑定!色診断ファルベコローレ
配色の見本帳

色のアンケート




selection

カラー講座:色の効果と影響力


デザイン講座:技とコツと豆知識


アンケート調査結果


PR


色のイメージ効果を知ろう


色カラータグ


スポンサーリンク