色カラー
白のイメージ 黒のイメージ 灰のイメージ 青のイメージ 赤のイメージ 緑のイメージ 黄のイメージ 橙のイメージ 桃のイメージ 紫のイメージ 茶のイメージ 金のイメージ 銀のイメージ

文字調整!見せる文字とそうでない文字

KNACK OF DESIGN

見せる文字とそうでない文字

紙面・画面作りおいて、ぱっと見て目に入ってくる文字とそのあとに内容を知るための文章の区別化は必須です。

ジャンプ率を考えて読ませたい文字の順に文字サイズを調整しましょう。

タイトル>リードコピー>ボディコピー>キャプションって大きさにしていくのが基本です。

リードコピーとボディコピーとキャプションの扱いかたによって見え方の出来映え・完成度は全然違うので意識して作りましょう。

情報量が多いものを少ないスペースで見せなければならないときには全部を目立たせたいと思っても優先順位をつくってあげないと見にくくなり全体がゴチャゴチャしたりぼんやりしてしまいます。

一番目に入って欲しいポイントを決めてそこから目線を誘導していく構成つくると情報量が多くてもスッキリさせることができます。

文章の区別化には文字サイズの他にフォントを「タイトルはゴシック体でボディコピーは明朝体」とかと書体の種類を要素で分ける、「デザイン処理を加えて区別する」などのことをすると認識性が上がり分かりやすくなります。

ジャンプ率とは

タイトル・見出しなどの画面の中の一番大きな文字サイズとボディコピー(記事)のサイズの差の比率のことをいいます。

躍動感を作りたいときにはジャンプ率を大きく、落ち着いた作りにしたいときにはジャンプ率を小さくすると主張できます。

ジャンプ率が大きい媒体

新聞、情報誌、週刊誌、若者向け雑誌など

ジャンプ率が小さい媒体

写真・ビジュアル誌、年輩向け雑誌、学校・学術関連書など

KNACK OF DESIGN


色に詳しくなろう

色の知識を増やしませんか?

色について勉強をしておくと、デザインやファッションだけでなく色々なことに応用できます。

知識として得るだけでも十分ですし、ついでに資格の取得を目指してもよし。色の働きを知っているか知らないかで見える景色が変わります。今やっていることや将来やりたいことに必ず活かせます。

今を変化させたいなら、色のことを一緒に勉強しましょう
【色の学び方と色の資格】

色を使いこなせると稼げるの?
今を変化させたいなら、
色のことを一緒に勉強しましょう
【色の学び方と色の資格】

色のアンケート




selection

色のイメージ効果を知ろう


手に乗せて、身につけられる女の子の夢