色カラー
色彩を中心とした情報サイト


文字の扱い、文字の単位についての色々

KNACK OF DESIGN

文字の扱い、単位の好みついて

文字の単位

DTPでは一般的にポイント(pt)か級数(Q)が使われています。

欧文組版のインチに基づいた単位がpt、和文組版のメートル法に基づいた単位がQです。

写植の時代からのデザイナーはQ数を好む人が多くいます。

また日本に馴染みの深いメートル法がベースになっているのでサイズが分かりやすいのも級数が好まれている理由です(1Qは0.25mm)。

デザインソフトのデフォルトの設定がptだったりデザインアプリケーションによってはQで指定できないものもあるのでポイントptが主流になりつつあります。

スポンサーリンク


チームで作業する場合にはどちらで作業するか決めておくべきです。

16Qがポイントだと11.34pt、12ptが級数だと16.933Qと単位間で端数になってしまうので単位は統一して作業したほうがよいでしょう。


文字入力はシンプルな構造で作る

DTPでの文字入力ではむやみにスペースや改行を使ってレイアウトをしないほうがいいです。

文字の行間で異なるアキが欲しい場合には段落設定を使ったり、テキストボックスを分けるかして後で修正が入ったときの作業のしやすいよう見て分かりやすいデータにしておくことが大切です。


スポンサーリンク

デザイン講座

デザインの考え方


文字・レイアウト・色


データ作り


紙・用紙


制作の知恵


WEB


今月のカラーニュース:色のトピック
色占い 言葉の色を鑑定!色診断ファルベコローレ
配色の見本帳

色のアンケート




selection

カラー講座:色の効果と影響力


デザイン講座:技とコツと豆知識


アンケート調査結果


PR


色のイメージ効果を知ろう


色カラータグ