色カラー
白のイメージ 黒のイメージ 灰のイメージ 青のイメージ 赤のイメージ 緑のイメージ 黄のイメージ 橙のイメージ 桃のイメージ 紫のイメージ 茶のイメージ 金のイメージ 銀のイメージ

ゼロから始めるロゴ制作!ロゴはベクターデータで用意しよう

KNACK OF DESIGN

はじめてロゴを制作するとき一番最初に覚えておいて欲しいこと

自作ロゴでも発注ロゴでも、

最終データとしてベクターデータのものを用意、所持してください。ファイル名の最後が.aiもしくは.epsとなっているデータになります。

最後の工程のことになりますがこれができないと確実にダメなロゴが完成します。自分で作るときも、発注して作ってもらったときの納品データも、ベクターデータのロゴを親データとして持っていることがその後のために必要です。

ロゴは、綺麗な状態で様々な用途に使えるデータでないと不便です。ロゴの作り方などロゴ関連のことを検索して調べると考え方やデザインの方法はたくさん教えてくれます。でもデータについての情報はなかなか言われていません(デザイナーだったら発信するまでもない当たり前のこと思っている節もある)。ロゴはきれいに使えなきゃどうしようもありません。使うたびに劣化していくガタガタになったロゴを使いたいですか。ロゴのデータはベクターデータでしっかり作っておくことが大事です。

ロゴをベクターデータで作る

ロゴは、アイコンとしてや商品タグ、名刺、チラシ、自身で発行する媒体にと使う用途は多岐にわたります。また、小さいサイズで使うだけに限らず、看板など大きく使うことも想定されます。なので、ロゴは拡大縮小に耐えられるベクターデータ形式になっているのが望ましいです。

ベクターデータとは

どんなに拡大縮小しても画像が粗くならない形式のデータのことです。ベジェ曲線、ペンツールで作られているデータを言います。ロゴは大きさを変えて使用することが想定されるのでベクターデータで作られていることは必須といって差し支えありません。

作るのに必要なソフト

Adobe Illustrator(イラストレーター)を使用して作られるのが一般的です。フォトショップでも作れないことはないですが操作性があまりよくありません。

ロゴ制作の際にデザイナーがまず間違いなく使用するのがイラストレーターです。デザイン制作の三種の神器のひとつといわれていて、このソフトがないとデザインはできないともいわれるグラフィックデザインツールです。印刷物のほかにもWEBデザインの際にも使われます。

作ったロゴデータは、イラストレーターがインストールされていないパソコンでは開けないので、作成者がロゴを管理しやすいというメリットがあります。作成者が別のデータ形式(pdfやpng、jpg形式のデータ)に変換したものを用意することでソフトがない人も見られるようにできます。

あと、印刷屋さんはロゴがベクターデータになっていると(トラブルが起きる可能性が低くなるので)喜びます。

ロゴは「ベクターデータになっていることが必要」とインプットしておきましょう。

ベクターデータがないとき

ロゴの無料作成サービスで作れるロゴは画像データだけのことがほとんどです。自宅のプリンタで印刷して作る商品タグや名刺に使う程度なら大丈夫ですが、印刷屋に発注して紙物をつくったり、拡大して使った場合には、ロゴがぼやけたりかすんでしまったりすることがあります。

これは印刷に耐えられる画像解像度がないためです。


画像解像度がちゃんとしていれば大丈夫

ベクターデータじゃなくても画像データの画像解像度がきちんとあればキレイに印刷されます。フォトショップなどで必要な解像度を上げるだけでも改善できたりもします。ただ、画像のデータはドットの集まりなので文字や曲線といった部分の表現はベクターにくらべると苦手です。多少滲んでしまいます。

LOGO DESIGN


色に詳しくなろう

色の知識を増やしませんか?

色について勉強をしておくと、デザインやファッションだけでなく色々なことに応用できます。

知識として得るだけでも十分ですし、ついでに資格の取得を目指してもよし。色の働きを知っているか知らないかで見える景色が変わります。今やっていることや将来やりたいことに必ず活かせます。

今を変化させたいなら、色のことを一緒に勉強しましょう
【色の学び方と色の資格】

色を使いこなせると稼げるの?
今を変化させたいなら、
色のことを一緒に勉強しましょう
【色の学び方と色の資格】

色のアンケート




selection

色のイメージ効果を知ろう


手に乗せて、身につけられる女の子の夢