色カラー
色彩を中心とした情報サイト


混ぜすぎ注意!印刷を考えた色の指定

KNACK OF DESIGN

モニターの色と印刷の色

画面で見た色と印刷された色が違うことは頻繁にあります。その理由として画面の色表示がRGBカラーで印刷の色はCMYKカラーという色の表示方法が違うことがまずあります。

CMYKモードで制作していてもモニターはRGBカラーで表示しているのでどうしても色の鮮やかさは変わってきます。そして、印刷する機械のメーカーや機種の違い、使うインキの種類によっても出る色が多少変わります。

商業印刷機の場合は、各色の出具合の調整は可能なので見本紙を付けて自分が出したい色に近づけてもらうということができます。

またDICやPANTONEなどの色見本を基準に通常は印刷されるのでデータの数値と色見本の数値を信頼して最初からその色で出るものだと思って作業する手もあります(CIカラーなどはよくそんなやり方がされます)。

スポンサーリンク


色のズレを防ぐためのちょっとした方法

3版以内で色を作った方が安全

色を作るときにはC版Y版M版K版全てを使って色を作るより少ない版で色を作った方が印刷したときの色ズレを回避しやすいです。

印刷で色を作るときにはシアン・マゼンタ・イエロー・ブラックの4色を混ぜ合わせて刷ります。このとき4色を混ぜるより3色、3色より2色を混ぜて作る方が色を再現しやすくなります。

思った通りに色が出ないってときには印刷屋さんに言うだけでなくデータ上の色数値がどのように付けているかも見て印刷を考えた色の掛け合わせをしてみましょう。

データを修正することで一発で狙った色がでるようになるかも知れません。


スポンサーリンク

デザイン講座

デザインの考え方


文字・レイアウト・色


データ作り


紙・用紙


制作の知恵


WEB


パーソナルカラーを学んでみませんか?
自分に似合う色を理解することであなたの個性が引き出されます。
色占い 言葉の色を鑑定!色診断ファルベコローレ
配色の見本帳

色のアンケート




color selection

カラー講座:色の効果と影響力


デザイン講座:技とコツと豆知識


アンケート調査結果


PR


色のイメージ効果を知ろう

白のイメージ黒のイメージ灰のイメージ青のイメージ赤のイメージ緑のイメージ黄のイメージ橙のイメージ桃のイメージ紫のイメージ茶のイメージ金のイメージ銀のイメージ

色カラータグ


スポンサーリンク