色カラー
色彩を中心とした情報サイト


色の基本用語!よく使われる色の言葉

dictionary

色の基本用語

色彩に関する用語の参考資料です。

デザインやカラーコーディネートの際によく目にする言葉を解説しています。

カラーを扱うどの分野でもおさえておきたい色彩用語です。


スポンサーリンク


色の三属性

色相、彩度、明度と併せて色の三属性という。それぞれ色の性質を表す。


色相

色味の変化や種類を示したもの。赤、黄、緑、青といった色の状態の違いをいう。これを円上にわかりやすく、体系的にまとめたものが「色相環」で、いくつかの「表色系」に基づいて体型化されている。JIS規格で採用されている「マンセルシステム」や、配色調和を考えるのに適した「日本色研配色体型」などがある。色の三属性のひとつ。
色相スケール


明度

明度は色の明るさの度合いを表す。明度が高くなると色は明るくなり、低くなると暗くなる。同じ色でも明度を高くするとやわやかさや爽やかなどの軽さがでてくるのに対し、明度を低くすると力強さや重厚さを出すことができる。異なる色どうしの明度差を大きくすると活力や力強さが生まれ、逆に小さくすると穏やかさや上品さを生み出すことができる。色の三属性のひとつ。


彩度

彩度は色の鮮やかさの度合いを表す。明度が高くなると色の純度は高くなり鮮やかな色となる。色の持っている特性を強調するには彩度を濃くするといい。逆に彩度が低い場合はグレー色が増していくので色が濁り、個性が薄くなり馴染んで色は落ち着いていく。彩度がもっとも高い色で白と黒を混食しない色は純色といわれる色。

シアン・マゼンタ・イエローの3色が色の三原色の基本となる。色の三属性のひとつ。


トーン

色の明るさの度合いを示す明度と色の鮮やかさを示す彩度の2つが交差してできる色の調子のこと。同じ明度と彩度の位置にある色は色相が違っていてもトーンは同じなので調子があう。明度の軸を中心に上に行けば明るく、下に行けば暗くなる。彩度の軸を右に行けば鮮やかになり、左に行けば鈍い色合いになる。濃淡、明暗、強弱、浅深のように色の調子を表せる。


純色

白や黒をふくまず色の三原色の青(シアン)・赤紫(マゼンタ)・黄(イエロー)とこの2色を混ぜてできる色で、もっとも彩度の高い鮮やかな色のこと。マンセルシステムによる色相環は、青(シアン)・赤紫(マゼンタ)・黄(イエロー)の三原色に赤(レッド)・緑(グリーン)を加えた5つを基本とし、中間色の橙・黄緑・青緑・青紫・紫を加えた10色の純色からなっている。


無彩色

白と黒とその中間色のグレーのことをいう。色味が無く明度だけの尺度しか持たない色が無彩色。色味のない無彩色は有彩色を引き立てる色として効果的に使える。


有彩色

無彩色に色味が加わった色。彩度・色相・明度を全て持つ色を有彩色という。


類似色

色相環で隣に接している色を類似色という。配色の際に類似色の関係にある色を組み合わせると調和しやすく全体に統一感が生まれる。


補色

色相環でちょうど反対側にある色のことをいう。ベタ色をぼんやり見つめていると陰にうっすら見える。色を補うと書いて補色というように配色の際に大きな役割を持っている。補色同士の組み合わせではお互いの色味を強調し合うのでコントラストがもっとも高い配色になる。穏やかさはなくなりどぎつい色合いにもなるので使い方は難しい。


暖色

赤を中心とした赤系の色は暖かみや明るさを感じるため暖色と呼ばれる。この性質を用いた配色を行うことによって熱さや力強さや情熱を表現といった印象のコントロールができる。


寒色

青を中心とした青系の色は寒さや冷たさを感じるため寒色と呼ばれる。この性質を用いた配色を行うことによって寒さや冷静さや落ち着きを表現といった印象のコントロールができる。


膨張色

同じ面積でも他の色より広く大きく感じる色を膨張色という。明度の高い明るい色や暖色系の色は膨張して見える。狭いスペースでも大きくみせたいときには膨張色を使うといい。


収縮色

同じ面積でも他の色より狭く小さく感じる色を収縮色という。明度の低い暗い色や寒色系の色は収縮して見える。少しでも小さく見せたいときには収縮色を使うといい。


進出色

前に進出して見える色のこと。明度が大きく関係し明るい色は実際より前にあるように見える。暖色系の色は進出色。後退色と組み合わせることで奥行きや遠近感を出すことができる。


後退色

後ろに後退して見える色のこと。明度が大きく関係し暗い色は実際より後ろにあるように見える。寒色系の色は後退色。進出色と組み合わせることで奥行きや遠近感を出すことができる。


RGB

光の三原色であるレッド(R)・グリーン(G)・ブルー(B)で表現したカラーモード。パソコンのモニターなどの液晶画面は色光で発色しているため、モニター表示での色の指定や確認はCMYKよりRGBのほうが向いている。RGBは10進法で0〜255までの256段階で表記し、0が最小で255が最大。RGBの三色すべて掛け合わせ全ての色がMAXになるともっとも明るい白(R255G255B255)となりもっとも暗いのは黒(R0G0B0)となる。加法混色の表現。


CMYK

色の三原色。印刷の際に使用されるインキC(シアン)・M(マゼンタ)・Y(イエロー)・K(ブラック)の4色で作られるカラーモード。各色を混合することによって色を表現する。掛け合わせる色の量を%で表し0〜100%からなる。CMYのすべての色を掛け合わせるとほぼブラックになる。色を足していくと黒に近づいていく。減法混色の表現。

RGB光の三原則の図  CMY色の三原色の図

■RGB光の三原則の図(左)とCMY色の三原色の図(右)


HSB

色の三属性である色相・彩度・明度を数値化して色を指定するもので人の色知覚にもとづいたカラーモード。グラフィックソフトで色を作成・指定するときに感覚的・直感的に作業を行うことができる。


減法混色

CMYの3色全てを掛け合わせるとほぼブラックになることをいう。実際のインキではK(ブラック)版を使いより明確な黒の表現をする。


加法混色

RGBの3色すべてを掛け合わせると白色になることをいう。インキのCMYを掛け合わせたものとは違い色が合わさった部分は明度が高くなっていく。


特色

CMYKの色分解をしないかCMYKの混色では作ることのできない金・銀・蛍光色のような特別な色のことをいう。印刷では基本CMYKの4色を掛け合わせて作りその掛け合わせで作れない色は特色での対応となる。特色の色はDICやPANTONE、TOYOといったカラーチップを用いて色指定をする。


グレースケール

白から黒にいたるまでの無彩色の階調のことをいう。色味はもたないがこの階調によって濃淡を表現できるのでモノクロ印刷の場合に重宝する。


2階調

白か黒かの2つの色でのみ表現するモード。白と黒のドットの密度によって濃淡を表現する。


誘引性と誘目性

人を引きつける性質を持った色を誘引性がある、目を引く色を誘目性があるという。彩度と明度が高い色、鮮やかで明るい色の方が誘目性が高い。無彩色よりも有彩色、寒色系よりも暖色系の色の方が誘引性・誘目性が高いとされている。看板や道路標識などの注意や注目を集めたいものには誘引性・誘目性の色が使われている。


視認性と識別性

人には感知しやすい色と知覚し難い色がある。目で明確に認識できる性質のことを視認性という。遠くからでもよく見える・分かるように視認性を高くするには色の種類を調整するよりもコントラストを強くしたり可読性を高めたりなどによって視認性の効果を上げることができる。

物や色の違いの区別したり分かりやすい性質を識別性という。識別性を要する色はJIS規格で定められている。


ポイントカラー(色)とアクセントカラー(色)

レイアウトやデザイン表現において、画面を構成する上もっとも重要な役割を果たす色のことをポイント色と呼ぶ。強調したいものや伝えたいもののカラーイメージをポイント色を使用すると効果が期待できる。

アクセント色は配色の中でもっとも利用量が少ないが目立つ色で、画面全体を活性化させたり主役の色を引き立てたりするときに利用する色を指す。彩度の高い色や周辺の色と対照的なトーンや色相の色が効果がある。


コントラスト

色同士の明度の差のこと。この差を大きくすれば色にメリハリがでてインパクトが強くなる。逆に弱くすれば曖昧な感じになり弱い印象を作ることができる。


セパレート

色同士の間に境界や空間を持たせて色をそれぞれ独立させる方法。アキがあることによって明度差ない色引き締めたり強い色同士の反発を和らげたりと配色を調整補助してくれる。


色の調和

2色以上の色を組み合わせてレイアウトを構成するときに、相性の良い配色の法則のこと。色相、明度、トーンの中で同一・隣接・類似する色を選ぶことによって調和させる共通調和や、反対色・補色といった対抗する色を組み合わせる対照調和などがある。

色のもつ個性や特徴をふまえた上でバランスをとり調和させる。


色の対比

接し合う色がお互いに影響し合って本来の色とは違った色に見えたり使っていない色が見えたりすることをいう。色の対比には、直前に見た色の影響を受けて本来とは異なる見え方をする「継自対比」、2色以上の色を同時に見たときに色相・明度・彩度それぞれにおこる「同時対比」、補色同士の色が隣接すると互いの彩度が強く見える「補色対比」、2色が隣接する縁で起こる色の見え方の「縁辺対比」などがある。


配色

2色以上の色の組み合わせ。色の取り合わせによって様々なイメージが作り出せる。


スポンサーリンク

感情や様子を表す色を含む言葉

色を使って表現されるいろいろな言葉とその意味。

様子や感情を表す色の言葉

色合い(いろあい)

物事の持つだいたいの方向や傾向。


色男(いろおとこ)

女性に好かれそうな男性のこと。


色香(いろか)

心を引きつける魅力的な雰囲気。


色気(いろけ)

異性の心を引きつける性的な魅力。

野心や欲望を抱くこと。


色恋(いろこい)

男女間の恋愛のこと。


色事(いろごと)

男女の肉体関係を伴う行動を表す。


色付く(いろつく)

美しく変貌すること。

性に目覚めること。


色っぽい(いろっぽい)

性的な魅力を感じること。


色艶(いろつや)

顔の色や皮膚の体調のよさの状態。

話し方の工夫。


色直し(いろなおし)

披露宴などのパーティで別の衣装に着替えること。


色目(いろめ)

異性の気を引くための目つき。


色めき立つ(いろめきたつ)

緊張して勢いづき落ち着かなくなった雰囲気。


色物(いろもの)

本来の主となる物にアクセントを加える。

主流とは外れた物。


色好い(いろよい)

希望していたとおりに。


色を付ける(いろをつける)

物事の扱いに情を加える。値引きしたり割り増ししたりして相手に得をさせる。


地域色

その土地ごとの特徴。●●といったらここっていうような場所がある地域。


遜色

他に比べて劣っていること。「遜色ない」と否定語をつけ他と比べて劣っていないと使われることが多い。


十人十色

考え方や好みなどが人それぞれで違っていること。

So many men, so many minds 海外ではことわざとしてあるようだ。
【この世は十人十色→いろいろの人たちが世の中を作っている】

★色のことわざ★

色(いろ)の白いは七難(しちなん)隠す

白いことは他の欠点を全部隠すほどに全体を美しく見せてくれる。




文献から見る色彩の記述

著作権の切れた古書にあった色彩についての記述を紹介。今では使われていない漢字や言い回しは修正を加えてる場合もあります。

日本人の色彩感覚

白色、白緑、青色、黄色などは明るく、朱、紫、金銀などは華美で賑やか、新緑や茶色、黒色などは静かで暗く、色の持つそれぞれの性能が審美的に格段の相違を保持しています。染織品にしても又は室内の壁の図案、塗り色にしても日本人は総じて中間色の美妙な変化を好み、それを見分ける美質をもっています。それは気候の関係や国民性などに根ざした洗練された趣味であって、藤原時代作動の興隆にともなって更に典雅な色を愛好する様になった、例えば灰色の中でもこれを幾色にも分けて利休鼠、銀鼠などという風に、デリケートな識別をして喜ぶに至ったのである。
(新しき図案の描き方 : 初心者の為に/国民書院/昭和15)



LINK


今月のカラーニュース:色のトピック
色占い 言葉の色を鑑定!色診断ファルベコローレ
配色の見本帳

色のアンケート




selection

カラー講座:色の効果と影響力


デザイン講座:技とコツと豆知識


アンケート調査結果


PR


色のイメージ効果を知ろう


色カラータグ


スポンサーリンク