色探 求人のサイト:色カラー

キャッチコピーで困ったときに使えるお助けテンプレート

 

キャッチコピーを作るときの言葉のアイデアソース、キャッチコピーのテンプレとしてご利用ください。このページで紹介するキャッチコピー例は頭を柔らかくする脳みそリセット効果もあります。

その存在の魅力を短い文章で伝え、想像をかき立てるのがキャッチコピーです。100人全員とか多数に気に入られるキャッチコピーを作るよりも1人を想像してこの人には絶対刺さることを意識した方がターゲット層に刺さります。

サンプルキャッチコピー

キャッチコピーのアイデア

自分で考えたい人は作りたいキャッチコピーのキーワードを入れてください。ポップやスローガンといったフレーズの案出しにも使えます。

キャッチコピーを作りたい言葉を教えてください。

 

キャッチコピーのたたき台となるものを提案してくれます。

興味を引く言葉は、ブログの記事タイトルにも使えます。


自分で考えるのがめんどうな人、
どうしても浮かばない人はこちらへ

制作のコツ

伝えたい人へ向けたメッセージがキャッチコピーです。キャッチコピーを作るときのポイントを紹介します。


1.ターゲットを明確にする

対象とするターゲットをはっきりさせることで、あなたのためにと訴えかけることができます。自分に向けられた言葉だと思ってもらえると注目してもらえます。


2.行動を誘導する

やって欲しいことをそのまま文字で伝えることで意外とすんなり人は動いてくれます。買う・申し込む・行く・電話・紹介など行動を示す言葉を使いましょう。


3.必要性を気づかせる

「欲しい」「必要」だと気づいてもらいましょう。欲望、快感、解決、知識、好奇心などを刺激する言葉を加えることで気づきが生まれ興味を持ってもらえます。


4.今しかないと認識させる

時間や期間を示すことで今しかないという限定感を作れます。時間・期間・季節などを意識させて今を逃してはいけないという印象を作りましょう。


5.人気があることを伝える

人気があることや注目されていることが伝わると支持されやすいです。売れている・嗜好性・流行といった言葉を加えて人気の度合いを表現してみましょう。


6.感情を刺激する

感情がわくとそれに興味を持ちます。五感や体験などから訴え、心を刺激するとその感情表現に同調する効果が期待できます。


7.数字や資料で信頼を得る

情報があることを連想させると関心を示してくれます。数字やデータがあることにより信憑性が生まれ、どんな内容なのかが興味をもたれやすくなります。


8.お得という印象を与える

お得なことはみんな好きです。安さや付加価値を感じさせる言葉を加えることで興味を持ってもらえます。


9.特徴を伝える

新しさや歴史、伝統、品質、限定感、希少性、利便性、信頼感、安心感など、他とは違うという価値を感じさせる言葉を加えて訴えましょう。


10.優れていると強調する

伝えたいことに優れているという言葉を足して強調することで意識を向けられます。付加価値や他との比較、特別感を加えてみましょう。


キャッチコピーがあるとより伝わる

商品

多くの情報から見つけてもらい、選んでもらうために必要なものとなっているのが商品キャッチコピーです。同じように売る効果がある文章としてPOP(ポップ)ともいわれます。これはキャッチコピー、これはPOPと区別できたりもしますが境界線はあいまいです。

ロゴ

ロゴまわりに伝えたい文章を入れるとアピールしたいポイントをより明確にすることができます。ショップ名やブランド名に加えて、コンセプトを伝えるキャッチコピーがあると何が売りなのかや販売者の思いをユーザーに届けられます。キャッチコピーを使ってブランディングを考えてみましょう。

キャッチコピーを作りたい言葉を教えてください。

 

▲ ページトップへ