色探 求人のホームページ:色カラー
ホワイトブランド ブラックブランド グレーブランド ブルーブランド レッドブランド グリーンブランド イエローブランド オレンジブランド ピンクブランド パープルブランド ブラウンブランド ゴールドブランド シルバーブランド

色の知識を広げよう!色の影響力の考察

COLOR LECTURE

行動や心に影響を与える色

何気ない日常に存在しているが色です。

色には人の行動や心理状態に影響を与える見えない力があります。色に触れたとき、それと同時に色それぞれが持っているイメージ効果を受け取ります。色は感覚に変化を与えます。

暮らしを楽しくする色の知識

色カラーのサイトでは色についてのことをいろいろな切り口から紹介しています。思いのよらない所にも作用するので、色の知識があると何かと役に立ちます。

人気の記事

色の五感への影響

色は感覚に対して大きな影響を与えてきます。五感のなかでまず視覚で色を感じますが、そこから聴覚、触覚、味覚、嗅覚に働きかけていきます。

色にはイメージを与えるという役割があります。

味覚に対しての色の働きは特に強い影響があります。大きく美味しそうとか不味そうと思うのもまずは色を見て感じることです。美味しい色というのがインプットされているためよく食べている色は安心しますが、青などの馴染みの薄い色の料理は不安を感じ美味しさを感じにくくなります。

色は何かを判断するときに取捨を決める大きな要素で、どれでも良かったり迷っている中から選ぶときに選択する基準にされます。風邪薬を選ぶときやチョコレートやガムといったお菓子を選ぶときに、特に買いたい銘柄が無いときには何となくの色で決めたりしませんか。

これは文字や写真などの要素よりも色の組み合わせによってできるメッセージの方が先に伝わるためです。色の作りだすイメージに無意識に動かされます。

COLOR LECTURE


Webアンケート調査・ネットリサーチ




イーデザイン selection

色のイメージ効果を知ろう。カラーボックスを選ぶとその色の全てが分かります。