色カラー
色彩を中心とした通信サイト

ビッグキーワードのSEO

KNACK OF DESIGN

ビックキーワードも諦めないで
きちんとSEOした方がいい

検索結果の100位までは最短2クリックで見ることができます。最近のアクセス増に対して思い付いた仮説になりますが、ビッグワードで検索結果から2クリックで訪問出来るページはSEOに有利に働くのではないか?という考察です。

スポンサーリンク


YahooやGoogle検索で1ページ目に表示されるのが最重要で2ページ目以降なんて意味がないとしている人は多いと思います。実際集客数も違うので自分も1ページ目の表示は得られるならたくさん欲しいです。しかし、人気のキーワードになるほど上位表示、ましてや1ページ目になんて難しいものです。1ページ目に表示っていうのは、評価が10番以内ってことです。しかしこれを100番以内である10ページ目以内を目指すことにしたらやる気の維持はしやすくなります。

価値の高いキーワードは下位の順位でも
一定の位置にいれば評価される

このサイトのキーワードのひとつである、色という超ビッグキーワードでヤフー検索で100位以内にランクされていることがわかりました。日を追うごとにアクセスは微増しく中、突然ポンっと跳ね上がった日が来ました。アクセス解析みながらいろいろ理由さぐってみても原因ははっきりわからずじまいです。ネット上にあるサイト解析サイトなどを使いいろいろ調べた結果、超ビッグキーワードでヒットするようになっていたことが分かりました。

色という言葉での順位は100位以内の中の後から数えた方が早いというギリギリラインです。なので色という単体の言葉での訪問者はいません。また、色と組み合わせた複合語でも今までと違う言葉で訪問はありませんでした。

検索結果の副作用

なんでアクセスが増えたかを考えていったとき、ビッグキーワードは検索される回数も膨大なので検索登録ロボットの巡回も多くなっているのではと考えました。その結果サイトのインデックススピードが上がったり、サイト内の内容までしっかりと検索ロボットに読んでもらえるようになっているのではないかと思いました。

検索回数の多いビックキーワードでヤフーやグーグルのトップページから2クリックで行けるサイトってのは強みになる気がします。


スポンサーリンク
あなたのカラーイメージを診断します

色の効果を知ろう

白のイメージ黒のイメージ灰のイメージ青のイメージ赤のイメージ緑のイメージ黄のイメージ橙のイメージ桃のイメージ紫のイメージ茶のイメージ金のイメージ銀のイメージ

iro-color

色の好き嫌い調査の結果2014
色のアンケート2


色のアンケート3

役立つ色の資格の資料請求
色に詳しくなるBOOK
このサイトに広告を載せませんか

色占い

金平糖時計