色カラー
色彩を中心とした通信サイト

WEBデザインのコツ

KNACK OF DESIGN

WEBデザインのコツと豆知識

人に見てもらってなんぼのWEBページ。アクセスを増やすためにはどんなことをしていったらいいかを、SEOにWEBマーケティング、サイト構築、そしてデザインと色を中心に書いています。古くなったやり方もありますが行った手法とその結果などの記録も公開しています。

スポンサーリンク


WEBデザイン講座

Webサイトは修正の繰り返し

一度作ったら終わりってことが少ないのがWebサイト運営です。紙媒体と違って直ぐに修正を反映出来るので細かにサイトをいじることになります。また、新しい技術がどんどん出てくるのでそれを取り入れていくとなると定期的に更新する必要があります。サイトをより良くしようとしたり広告のコンバーションを上げていく為の修正は面白いですが切りがないものだったりします。

URLに少しの気遣い

グーグル翻訳ヤフー翻訳エキサイト翻訳 : 意味のある言葉でURLを作るとGoogleとの相性がよくなります。

サイトのURL構造はできる限りシンプルにします。さらに人間が理解できる方法 (可能な場合は意味のある単語を使用) で URL を構成すると検索エンジンからの評価は高くなります。たとえば色 (color) に関する情報を探している場合、http://color.com のようなURLであれば、URLを見ただけで必要な情報がありそうかどうかを判断できます。http://www.color.com/index.php?id_sezione=360&sid=3a5ebc944f41daa6f849f730f1 のような英数字の羅列になったURL だと、そのURLからユーザーの関心を得ることは難しいものです。

URL に区切り記号を使用し単語を分けて認識させるようにします。
http://iro-color.com/episode/color-effect.html
という URL の方が、
http://irocolor.com/episode/coloreffect.html
という URL よりずっと分かりやすくなります。URL の単語の区切りにはアンダースコア (_) ではなくハイフン (-) を使用することをお勧めするとグーグルのウェブマスター向けのガイドラインには書かれています。


スポンサーリンク
あなたのカラーイメージを診断します

色の効果を知ろう

白のイメージ黒のイメージ灰のイメージ青のイメージ赤のイメージ緑のイメージ黄のイメージ橙のイメージ桃のイメージ紫のイメージ茶のイメージ金のイメージ銀のイメージ

iro-color

色の好き嫌い調査の結果2014
色のアンケート2


色のアンケート3

役立つ色の資格の資料請求
色に詳しくなるBOOK
このサイトに広告を載せませんか

共通認識される色の性質

金平糖時計


デザインのコツ

考え方

データ作り

レイアウト

文字

知っていると便利