色カラー
色彩を中心とした通信サイト

コピー用紙のサイズ一覧と用紙の種類

KNACK OF DESIGN

コピー用紙サイズ一覧

紙のサイズは大きく分けてA判とB判の2つの系列があります。縦横の比率が黄金分割で設計されているので美しく感じる形になっています。身近によくある大きさはA3・A4・B5・A6です。A3・A4はコピー用紙やプリンタの出力用紙として一番ポピュラーなサイズ、B5は週刊誌やジャンプやマガジンやサンデーなどの漫画雑誌のサイズ、A6は文庫本のサイズです。AB判というA判とB判の片辺同士をミックスさせた変形サイズもあります。

A判とB判

A0:841mm×1189mm

A1:594mm×841mm

A2:420mm×594mm

A3:297mm×420mm

A4:210mm×297mm

A5:148mm×210mm

A6:105mm×148mm

A7:74mm×105mm

A8:52mm×74mm

A9:37mm×52mm

A10:26mm×37mm

A1サイズをA全とも呼ぶ
A0サイズをA倍とも呼ぶ

B0:1030mm×1456mm

B1:728mm×1030mm

B2:515mm×728mm

B3:364mm×515mm

B4:257mm×364mm

B5:182mm×257mm

B6:128mm×182mm

B7:91mm×128mm

B8:64mm×91mm

B9:45mm×64mm

B10:32mm×45mm

B1サイズをB全とも呼ぶ
B0サイズをB倍とも呼ぶ


スポンサーリンク


簡単に分かる紙のサイズ

A判・B判にある数字の1〜10はA0(B0)から何回半分に折ったサイズなのかを示しています。したがって数字が大いほど紙のサイズは小さくなります。どれかひとつサイズを知っていればその用紙サイズを半分もしくは倍にしていく計算で他のサイズもほぼ算出できます。使う頻度の高いA4(210mm×297mm)・B5(182mm×257mm)を覚えておくと役立ちます。

AサイズBサイズ

日本で使われる紙のサイズは、大きく分けてA判とB判の2つの系列がありますが、他に菊判、四六判やAB判といったものがあります。菊判原紙:636mm×939mmはA判本判よりやや大きい寸法、四六判原紙:788mm×1091mmはB判本判よりやや大きい寸法です。それぞれのA判とB判の裁ち落としを含めたサイズをとるのに都合がいい紙のサイズになっています。

紙のサイズは縦横の長さの比が1:√2の黄金比率です。この黄金比率は見た目が美しく見える形だといわれていて、昔からずっと廃れず残っているものを調べたら黄金比率になっていたということはよくあります。


◇そのほかの用紙サイズ

ハガキ:100mm×148mm

AB判:210mm×257mmなど
(A判の長辺とB判の長辺を組み合わせたものでワイド判ともいう)

タブロイド判:273mm×406mm(夕刊フジ、日刊ゲンダイ、馬三郎など)

菊判:218mm×152mm(書籍)

菊判原紙:636mm×939mm

四六判:188 mm×127mm(書籍)

四六判原紙:788mm×1091mm

レターサイズ:216mm×279.5mm
(インチを基準としたサイズで、横8.5インチ、縦11インチ。米国で一般的に使われるサイズ)

新書判:106mm×173mm(新書)

文庫判:105mm×148mm(文庫本)


よく使う紙の厚さ

コピー用紙は0.09mm前後の厚さです。紙の単位としては55kg〜70kgもしくは64.0g/m²〜81.4g/m²程度になります。事務作業に使われることが多いコピー機では64.0g/m²程度の薄い紙、デザインカンプなどクリエイティブな出力もするコピー機では81.4g/m²程度の裏写りしない用紙を使っていると思います。

紙の種類や基準となる紙の寸法によってkg(連量)・g/m²(坪量)は変わります。コピー用紙と比べたときに和紙や再生紙は軽いので同じ連量・坪量でも厚くなります。コート紙・アート紙はコピー用紙より重いので薄くなります。ほんの少しの厚さの差になりますがポストカードなど紙の厚さで出来映えの印象が変わるものは紙選びの際に注意しましょう。

触れる機会の多い紙では、官製ハガキは0.22mmほどの厚さで連量180kg、坪量209.5g/m²です。レシートは0.07mm、新聞紙が0.08mm、ノートが0.10mm〜0.12mm、雑誌の本文が0.08〜0.10mmで表紙が0.13〜0.19mmなどといったものがおよその厚さです。


よく使われる用紙の種類

紙にはさまざまな種類があり用途によって使い分けられています。ここでは、本やチラシ、ポスターやパンフレット、カタログなど一般な印刷物に使われる用紙の種類を紹介します。

上質紙
コピー用紙やプリンタの出力紙として印刷用紙として使われているのが上質紙です。折込チラシや本などにも使用されます。PPC用紙、普通紙などとも呼ばれ広く使われています。紙の表面に加工は施されていないので、少しざらざらした感触がある紙です。
原料は、原木のチップを化学処理して不純物を除いた化学パルプ配合率が100%のものが使用されます。

コート紙
折込チラシなどのカラー印刷によく使用されている白くつるつるした光沢のある紙です。上質紙の表面にコート材を塗布して滑らかにしてあります。上質紙よりインクの乗りはよく、パンフレットやカタログ、ポスター、書籍、雑誌のカラーページなどに使用されます。アート紙に比べると品質は落ちますが、画像の仕上りは十分にきれいで安価です。インクジェットプリンタで写真印刷するのにも適している紙です。光沢を抑えたマットコート紙というのもあります。

アート紙
美術誌や写真集、カタログなど写真の質や色の仕上がりが重要な印刷物によく使われる紙です。白く滑らかで強い光沢がある紙で、印刷用としては最高級のものになります。アート紙よりさらに光沢・平滑度・白色度などを向上させたスーパーアート紙というものもあります。グロス系の塗料が厚めに塗られているので厚さがある紙です。

再生紙
古紙を再生利用した紙になり、リサイクルペーパーとも言います。古紙の配合率が何%でも再生紙といいますが、古紙の配合率がわかるように再生紙使用マークが使われています。再生紙にも上質紙・コート紙・アート紙などさまざまな紙の種類があります。

コピー機の紙で一番大きいサイズ・小さいサイズ

コンビニやコピー屋にあるコピー機で出力可能な最大サイズはA3、最小サイズはB5になります。たいていのコピー機はB5、A4、B4、A3の4種類の用紙で出力できます。B5よりも小さいサイズが必要な場合は、自分で求めるサイズに裁断するのが一番手っ取り早いです。もっと大きいサイズを直ぐに欲しい場合は、大きいサイズに対応している大型の印刷機を持っている出力ショップや印刷屋さんに発注することになります。大きいサイズはB1までの用紙出力が可能ですが、料金はそれなりに高価格です。


用紙の保管

紙は湿気に弱いので乾燥した場所に保管するのがベストです。給湯室など湿気の多い所で保管していると紙に水分を含んでしまいインクの乗りが悪くなったり線がゆがんで出力されてきます。ぱっと見には気づかなかったりしますが定規で測ってみるとコンマ何ミリか違うなんてことになっているので精巧な印刷結果が欲しいときには注意したいところです。梅雨の時期や雨が降った日といった湿気の多い日はわずかですが紙に水気を含むので普段とは印刷結果が違うと感じることがあります。

また、プリンタはホコリを嫌うので包装紙から出したら直ぐに給紙トレイの中に入れます。用紙が入りきらずに余ったならそのまま置いておかずに包装紙に包んで用紙にホコリが付かないようにしておきましょう。


スポンサーリンク
あなたのカラーイメージを診断します

色の効果を知ろう

白のイメージ黒のイメージ灰のイメージ青のイメージ赤のイメージ緑のイメージ黄のイメージ橙のイメージ桃のイメージ紫のイメージ茶のイメージ金のイメージ銀のイメージ

iro-color

色の好き嫌い調査の結果2014
色のアンケート2


色のアンケート3

役立つ色の資格の資料請求
色に詳しくなるBOOK
このサイトに広告を載せませんか

色占い

金平糖時計


紙と単位とお金の関係

印刷をなるたけ安くするならAサイズ・Bサイズの規格サイズで作るとリーズナブルに作れます。変形サイズだと紙の取り無駄が出るためコストがかかります。また、厚い紙より薄い紙の方が安くなります。

紙の厚さは連量kgで表されます。これは全判サイズの用紙1000枚の紙の重さを測った際の重さが紙の厚さの単位になっているためです。仕上がり時の紙の寸法で計る連量はA判やB判、菊判や四六判と基準となる紙の大きさによっても厚さの表記は変わります。厚さによって料金が変わるのは、同じ原材料から作れる量が違うからです。厚い紙よりも薄い紙のほうが多く作れます。1000枚重ねたときの重さにも違いが出てくるので料金にも反映されます。

印刷注文などで紙を選ぶときに65kgだと薄いペラペラの紙、90kgだと普通の紙、135kgだと厚い紙だと漠然と認識している人も多いと思いますがこの数値の単位にはこうやって算出されています。

紙を1m×1mに切ったときの1平方メートルあたりの重さ(g)のg/m²の単位でも表示されます。コピー用紙など束で売られている紙はこの表記がされていることが多いです。

本は4の倍数で作るのが基本

本やカタログのように折りが入って複数の紙が折り重なっている物をページ物と呼びます。折りがありそれぞれに表と裏があるので4ページが基本形態になるのでページ物を作るときは4ページ・8ページ・12ページ・16ページと4の倍数で基本増やしていき作られます。


用紙のAサイズとBサイズの由来

紙のサイズの覚え方

デザインのコツ

考え方

データ作り

レイアウト

文字

知っていると便利