色カラー
色彩を中心とした通信サイト

デザイン講座!仕事に役立つデザイン制作のコツと技

KNACK OF DESIGN

スキルの蓄積!文字・レイアウト・色などデザイン表現の幅を広げよう

デザインをする上で重要な要素に色があります。その他にもデザインを構成していく上で知っておきたい、出来ていた方がいいということは多くあります。ここでは広告デザインなどの制作物を作るときに必要なことを書いています。

スポンサーリンク


これがマスターできればそこそこ良い出来映えのデザインは作れるようになるという知識を自分のものにして、工夫を加えていきましょう。知ることで出来ることは増えていきます。逆に知らないままだと任せられることは限られてしまい誰かに代替え可能なデザイン作業だけになります。

デザインを考えるのは難しいって思う人、指示をもらえればある程度できますって人、何でもできますお仕事下さいって人、自分なりに持っていると思うデザインスキルは人それぞれだとと思いますがその自信の裏にあるのは「知っているやり方の蓄積」です。

デザインするための知識とスキルは、経験則と本などから事例で学ぶ情報の積み重ねによるものです。

最初は知らなくても少しづつデザインするための技を知り、やってみることで自分の力となりデザインする実力が付いていきます。職業としてデザイナーをしている人は経験値を得る機会が多く学ぶ探求心も強いため、デザインのコツを知っていて短時間でいいものを作り出せます。

コツコツとデザイン表現する幅を増やしていきましょう。


文字・レイアウト・色のポイント

デザインのコツ

考え方

データ作り

レイアウト

文字

知っていると便利

WEBデザインのコツ

webデザインで便利な物を集めています。SEO対策やwebマーケティングに役立つことが中心です。→ WEBデザインのコツ


スキルアップをする意味

仕事をしている上でスキルアップは必要だと言われますが、スキルアップした先のことを意識している人はどれくらいいるでしょうか。器用貧乏無駄にスキルを持っているだけだとめんどくさい仕事が増えるだけだったりします。それで貰えるお金が増えればよいけれど雑用が増えただけで現状維持ってことも…。
スキルアップを目指す際にはそれが達成されたときの目標とするゴールを決めておくことか必要だと思います。技を身につけたあとにその技術がどう生かされるのかを考えて身の置き方を考えておきましょう。やりたかった仕事ができるようになるとか貰えるお金が増えるとかモチベーションをしっかり上げられることがあってこそスキルアップは意味を持ってきます。

ただ、スキルアップしたと自分で自覚した後に評価を受けるまでにはタイムラグがあります。その間はふてくさずに待つことも必要です。技術の場合はコンペなどですぐに結果が分かったりしますが、賃金の場合は待ちが足りずにもったいないことになっている人がよくいる感じがします。会社に勤めていて賃金が急上昇するのは圧倒的に売上げを上げたときか段違いと感じさせる実力を認知されたときくらいです。


スポンサーリンク
あなたのカラーイメージを診断します

色の効果を知ろう

白のイメージ黒のイメージ灰のイメージ青のイメージ赤のイメージ緑のイメージ黄のイメージ橙のイメージ桃のイメージ紫のイメージ茶のイメージ金のイメージ銀のイメージ

iro-color

色の好き嫌い調査の結果2014
色のアンケート2


色のアンケート3

役立つ色の資格の資料請求
色に詳しくなるBOOK
このサイトに広告を載せませんか

色占い

金平糖時計


色とデザイン

昔からある定番商品が売れ続けている理由の一つに色があげられます。次々と登場してくる新商品があるなかで昔からある品を手に取ってもらえるのには色の定着があります。

色が定着するとロングセラーになりやすくなります。コーラを買うときに赤ならコカコーラ、青ならペプシとイメージすると思います。2つのコーラがしのぎを削っていますが以前はコカコーラの一択でした。これにはパッケージの認知の差が考えられます。パッケージデザインの移り変わりを見ていくとコカコーラは赤がメインカラーというデザインが半世紀以上続いています。ペプシの場合は、90年代後半から青がメインカラーになっていますがそれ以前は白・赤・青といった色がデザインリニューアルごとに入れ替わりメインカラーの固定がされていませんでした。このパッケージカラーの歴史が現在のシェアの差にもなっているとも考えられます。

色の使い方次第でヒット商品になったり、類似品なのに全く売れなかったりするのは色の力もなにかしら影響しています。