色カラー
色彩を中心とした情報サイト


色の作り方!三原色で作れる色の混色表

COLOR EPISODE

種類を問わず使える色の混色表

絵の具の混ぜ合わせ

色の三原色での混色

混ぜた色はどんな色になるのか? 主だった色を1対1で混ぜた場合と色の比率を調整して混ぜた場合にできる色の作り方を紹介。

赤・青・黄、それに白と黒を混ぜてできる色

赤色・青色・黄色・白色・黒色があればたいていの色は作れます。混色表を参考に色を作ってみてください。

絵の具の色の混色表

色の混色は水彩・アクリル・油絵の具をはじめ、ペンキなどの塗装塗料やネイル用のカラージェルなど種類を問わず色材を使ったものなら同様の考え方で色を作れます。

スポンサーリンク


色を混ぜるコツ

複数の色を混ぜると落ち着いた色になり自然な感じになります。複数の色を混ぜていくと徐々に濁った色になります。明るく元に戻すことは出来ないので色は少しずつ足して気に入った色を探していきましょう。

絵の具の素材の成分やベースとする絵の具の色により混色して出来上がる色味は変わります。色の三原色の原理の通りに混ぜても思っていた色がすんなり出来上がることは稀です。欲しい色を混ぜて作るときにはベースの色に少しずつ他の色を足していき、思っている色になるまで微調整して近づけていきます。

黒や白を混ぜた後は色を元に戻すことが難しくなります。色の変化の具合が大きいのでこの2色を加えるときは最後の色味の調整のときに使った方が手堅く混色できます。

絵の具を混ぜて作る色はもう一度全く同じ色を作るのは大変です。そのときできた混色を楽しむのも大切です。

混ぜて作れない色

黄色・青色(シアン)・赤色(マゼンダ)・白色・金色・銀色など混色してできない色もあります。それらの色が欲しい場合には色を揃えることも必要です。

ナチュラルカラー

自然の風景を塗るときや複雑な色合いを出したいときには、色が変わるまで完全に混ぜ合わせないで元の色がまだ残り複数の色が残っている状態で使うと味のある彩りになります。

影を塗るとき使う色

イラストを描いていて影を付けるときにまず使おうと思う色は黒や灰色といった色だと思います。濃い影、薄い影どちらにしてもこの無彩色を使いがちですが無彩色を使った場合、絵が少し重たくなってしまいます。

黒系統以外にどういった色が影の部分を塗るのにいい色なのかというと補色の色になります。赤なら緑、青なら黄が補色の色です。補色の色を重ねるとだいたい茶色系統の色になります。これが黒ほど重くないので調和してくれます。

影の部分の色に補色の色を重ねる味が出ていい感じになります。


絵の具の混色見本を手元に置きたい人はこの一冊がオススメ

混色パーフェクトレシピ

油彩絵の具・アクリル絵の具・水彩絵の具における、1500色以上もの混色見本が掲載されています。絵の具の色の配分が詳細に分かるため誰でも簡単に欲しい色を作ることができます。付録に目盛り付きパレットが油彩・アクリル用と水彩用の2枚付いてきます。これを使用するこでより正確に素早く色を作ることが可能です。色の作り方は画材や画題にあわせて使い分けられるよう、油彩・アクリル、水彩、肖像画、風景画の章に分かれています。また、カラーインデックスで描きたいモチーフから必要な色を探すことができます。

パソコンのモニターと紙では色の表示方法が異なります。紙に絵を描く場合には紙で混色見本を用意した方が使い勝手も良く色の再現も容易になります。

モニターで混色実験

赤紫色(マゼンタ)と黄色(イエロー)と緑青色(シアン)の色の三原色でどんな色が作れるかいろいろ試せます。いろんな色の配合具合を見てみましょう。

パソコンを使って描くときにはモニターで表示される色見本を使った方が便利です。


スポンサーリンク

カラー講座


色の力を使いこなそう


色彩と連想!色をテーマにしたランキング



今月のカラーニュース:色のトピック

色占い 言葉の色を鑑定!色診断ファルベコローレ
配色の見本帳

色のアンケート




selection

カラー講座:色の効果と影響力


デザイン講座:技とコツと豆知識


アンケート調査結果


PR


色のイメージ効果を知ろう


色カラータグ


スポンサーリンク