色カラー
色彩を中心とした情報サイト


認識できる色の種類はどれだけあるのか

COLOR EPISODE

色の数は幾つあるのか

#F39800

数の多さを「色々」と書くようにたくさんあるってことは分かるかと思いますが、色の数はどのくらいあるものなのでしょうか?

目に見える色とデザインなどで色を作る場合の色では色の最大数は違っており色の数は求める場面や考え方によって変わります。

実際に見える色の数

デジタルでかなりの色は表現できますが金や銀など金属的なモノや海の色やバラの花の一部などはきちんと再現することはできません。目で直接見る色と画面を通して見る色は違うなって思うのはこのためです。人が見える色は見える条件が整っていれば750万色、通常の状態では187万5000色というのが見える範囲のようです(「"よい色"の科学 なぜ,その色に決めたのか」の書籍参照)。

表現するときの色の数

洋服や広告やインテリアをデザインして作ったモノに色を付けるときに使われる色の数は実際に見える色とは異なりずっと少ない色数で設定されます。色を言葉に表して伝えることと安定して同じ色を作り出すことを考慮すると、普段使っている色数はせいぜい2000〜3000程度になります。これは色を取り扱う分野、ファッション・印刷・塗料・住宅など各業界で作られている色見本帳でも収録色見本は1万色もないことからも日常での使用色数の限度が伺えます。

現在、カラー印刷の主流であるプロセスインキで作れる色の色見本帖の中でもっとも多いと思われる見本帳でも4,752色(重複あり)という色数になっています。

スポンサーリンク


色の使い分け・色の認知

色を表現する数はシーンによって変わります。色の認識の幅は4段階に分けて考えることができます。

普遍の色

色をいえばだれでもすぐに浮かぶ色が普遍の色です。使用頻度の高い共通認識できる色(赤・青・黄・緑.etc)は11〜30色程度です。この水準が色の基礎の部分になります。また、世界の各言語で共通した基本となる色の分類は11語 しかありません。

名前の付いた色

JIS慣用句名やDICカラーなど各団体が定めた色、色系統名など名前が付けられた色名やフェラーリレッドなどメーカーがコーポレートカラーとして名付けた色などです。だいたいが色名から色が想像できますがフェリシモが発売している「500色の色えんぴつ」のように色名と色が分かりにくいものもあります。

色見本の色

見本となる色を定めた色。単体で見ると分からないが、連続する階調の中や類似色を並べた中では色の差を識別できるという色です。製品など色の精度が求められる場面で使われます。

見える色

日常の中で目に入ってくるすべての色です。日が昇って沈みいろんなものが動き成長し刻々と変化する毎日の中では言い表せない色も多いです。

普遍の色〜見える色に向かって認識する色の数が増していきます。日常では数色の表現で事足ります。専門的になっていくにつれて複雑に正確に色を扱うようになります。

デジタルでの色

まずはデジタルで良く使われる色の表し方、RGB(web16進数も同じ)とCMYKについて。デジカメで撮った写真やモニター表示に使われているRGBでの色表現はR0〜255、G0〜255、B0〜255の組み合わせでできる1677万色となります。

印刷での色再現であるCMYKの色はC0〜100%、M0〜100%、Y0〜100%、K0〜100%の組み合わせで1億通りの色ができます。

しかし、使えない色(CMYKの数値の合計が320%以上になるのは印刷上あまり好ましくない)があったり、紙や印刷機やカラーマネジメントによって多少色が変動することもあります。

また、1%の差は人の目ではほとんど認識できないこととインキの誤差があることもあり、シビアに色を指定する場合以外は10%もしくは5%刻みの色の組み合わせで色を作る場合がほとんどです。

こうするとCMYKでの色はぐっと少なくなり1万〜2万色程度になります。(さらによく使用される色となると100色もないんじゃないかと思います)


スポンサーリンク

カラー講座


色の力を使いこなそう


色彩と連想!色をテーマにしたランキング



今月のカラーニュース:色のトピック
色占い 言葉の色を鑑定!色診断ファルベコローレ
配色の見本帳

色のアンケート




selection

カラー講座:色の効果と影響力


デザイン講座:技とコツと豆知識


アンケート調査結果


PR


色のイメージ効果を知ろう


色カラータグ