色カラー
色彩を中心とした情報サイト


色で人心を支配する!禁断の色彩心理術

COLOR EPISODE

色で人の心をコントロールしよう

色の心理効果を知っていると物事を上手く運ばせることができます。いくつかの色彩掌握のパターンを紹介いたします。

交渉をうまく進める色

交渉時に黒は使いたい色です。提示したことに特別感を出すことができます。交渉の際には相手のペースに流されず主導権を持つことが有利に進める秘訣です。黒色の効果が少しでも流れを呼び込む手助けとなります。また、断固とした意思や粘り強さを主張するので譲歩したくない交渉時にも最適になります。

コミュニケーションを円滑にするためにオレンジをアクセントに取り入れると親近感を持たせ交渉をスムーズに進められます。

#231815#231815 #F39800

交渉事は黒色と橙色で強い意志と親近感を演出すると上手くいきます。

スポンサーリンク


頼みごとをする色

頼みごとをする色は黄色です。お願い上手と感じさせる効果と、相手に頼りにされた喜びを感じさせる効果があります。黄色の色彩は裏表を感じさせない純粋さがあり、子供を連想した助けてあげたいとう気持ちが働きます。黄色のメモ帳でお願い事を伝えたりすると引き受けてもらいやすくなります。

頼み事を受け入れてくれる世話焼きタイプ

頼み事をするときには緑色が好きな人が引き受けてくれやすいです。世話好きでなにか役に立ちたいと思っているタイプが多いので、頼りにするほど力を発揮してくれ心強い人になってくれます。

 

黄色でお願い上手になりましょう。

相手を説得する色

思う方向へ説得したり物事を進めたいときに使いたい色は、青緑です。

人を喜ばせたいという奉仕の気持ちを強めてくれる色なのでうまく収めようという気持ちが働きます。寒色系の青緑は時間の経過を短く錯覚する効果もあるのでじっくり説得するときもうまく運べます。

青緑で相手の心を開いて理解を促しましょう。

褒め上手になる色

黄橙色の効果を利用して褒め上手を演出をしましょう。

褒めることは大切なことです。どんな人からでも純粋に褒められて悪い気はしません。

褒めることは人間関係がスムースになりいいことばかりなのですが、分かっていても口に出して言うのは難しいものです。

褒め上手になりたいのを後押ししてくれるのが黄橙です。黄色の明るく開放的な力と橙色の目的達成に向けて動こうとする力の効果で褒める言葉が出やすくなります。

黄橙で人の心を掴みましょう。

やんわりと断る色

やんわりとお断りをするのには黒色と緑色を使ってみましょう。

何かを断るときは友好的に断りたいものです。黒色の拒絶のイメージで強い断りの意志をみせつつ、緑色の穏やかな平和的なイメージ効果を利用して相手に今回はしかたないなと思ってもらいましょう。

黒と緑で断りの意志を穏やかに伝えられます。

異議を申し立てする色

黒色で堅い意志を前面に出せます。相手のやり方に納得できず自分の意見や抗議を示したい、そんなときは黒色を身にまといましょう。

強い信念と強さを印象づけることができます。

#231815

黒色で異議ありの意志をアピールできます。

穏やかに効果的に叱る色

冷静さを与えてくれる深緑を身につけて叱ると分かってもらえます。感情をストレートにぶつけて叱れば反感をかったり理解してもらえなかったりします。

いったん冷静になるためには深緑がよいです。深緑にはバランス感覚を高め、怒りや興奮した神経を鎮めてくれる効果があります。見るだけで心に落ち着きを与えるので感情的にならず穏やかに諭すことができます。

深緑で互いの興奮を静めましょう。

ミスを謝る色

グレーを使って反省とお詫びの気持ちを示しましょう。

誰でもミスや失敗をしてしまうときはあるものです。そんなときの謝罪やフォローのときに、反省している雰囲気や弱々しいイメージを与えるグレーを使うと誠意が伝わります。

テレビで謝罪会見をやっているのを見るとグレーのスーツで揃えているのを頻繁に見ます。これは謝罪の気持ちを演出して反省のイメージが伝わりやすいの考えてのことになります。

お詫びの言葉とともにグレーを使うころで謝罪の気持ちが演出されます。

過ちをおかしたとき

出来るだけ早く謝るのが一番で、後々のダメージは少ないです。ミスは早くリカバリーしておかないと、あとになるほど些細なことでも大きな問題となり謝るだけではすまなくなってしまいます。

飛び込み営業に向く色

営業でもっとも大変だとされているのが飛び込み営業です。見ず知らずの会社にいくのですから話を聞いてもらうことすら一苦労です。まずは相手先に顔を覚えてもらいたいものです。自分に興味を持ってもらう為に色の効果をうまく使ってみましょう。

黄色で相手の興味関心を引き出す

コミュニケーションに良い色とされるのは黄色です。黄色をうまく活用すると挨拶回りから商談へと次への道が開かれる第一歩が開かれるかもしれません。初対面の人に話を聞いてもらうのは大変な労力です。相手に明るく前向きな印象を持ってもらったり、心を開いてもらい話を聞いてもらうのに「黄色の効果」は期待できます。

スーツの色が黄色ってのはTPOからしてもまずいですが小物にアクセントカラーとして黄色を取り入れておくと相手の気を自分に引きこむ可能性が生まれます。

営業では相手の心を開かせる黄色を使ってみましょう。

接待する色

相手を接待するときにはグレーや茶色です。その場の状況の好転を後押ししてくれます。茶色は堅実さをグレーは謙虚さを演出してくれます。いかに相手を心地よく過ごしてもらえるかが大切なので黒子的な色使いがポイントです。

反対に接待されるときには黄、赤、青系など目的によって効果のある色を使い分けましょう。お客様の立場のときは場にあった身なりならどんなカラーの服装でも問題ありません。会話を楽しみたいときにはコミュニケーションカラーの黄色を、自分の存在をアピールしたいなら赤色を、知的にみられたり安心なイメージでいきたいなら青色を使うと効果が期待できます。

接待するときにはグレーや茶色で慎重におもてなしをし、接待させるときには色を使い分けると印象を変えられます。

会議を成功させる色

会議を成功させるには緑色を使いましょう。緑色には心に平静をもたらしてくれる効果があります。

意見が割れてしまい話がまとまらないときや相手の意見に耳を傾けたり結論を導き出すのに緑色は効果的に働いてくれます。会議室の中に観葉植物を置いたり緑色が基調のインテリアを置くことで充実した会議を行えます。

緑を会議室に取り入れて円滑な話し合いの場を作りましょう。


スポンサーリンク

カラー講座


色の力を使いこなそう


色彩と連想!色をテーマにしたランキング



今月のカラーニュース:色のトピック

色占い 言葉の色を鑑定!色診断ファルベコローレ
配色の見本帳

色のアンケート




selection

カラー講座:色の効果と影響力


デザイン講座:技とコツと豆知識


アンケート調査結果


PR


色のイメージ効果を知ろう


色カラータグ


スポンサーリンク