色探 求人のホームページ:色カラー
ホワイトブランド ブラックブランド グレーブランド ブルーブランド レッドブランド グリーンブランド イエローブランド オレンジブランド ピンクブランド パープルブランド ブラウンブランド ゴールドブランド シルバーブランド

おしっこの色で分かる水分補給の必要性

COLOR LECTURE

あなたの体の水分大丈夫ですか?

普段、体に必要な水分足りていますか?おしっこの色で水分補給の必要性がわかります。普段の生活で毎日約1.5リットル〜2.5リットルの水分が体から出ていきます。

その減った分の水を毎日摂取して補給しなければなりません。

尿の色が濃いときにはまず体内の水分不足が考えられます。いつも濃いという状態は危険です。普段の生活での水の摂取の仕方を見直してみましょう。

ウォーターサーバー体験
1本無料キャンペーン中

いまだけ!ボトル1本(12リットル)を無料お試し。その後、要らなかったら水サーバーとボトルが回収されるだけです。必要なのは設置と撤収時の立ち会いで無理な勧誘はありません。

体と水の知識

体に水が必要なのは分かるけれど、どんな状態だと体に水分が不足しているのでしょうか。水分不足になりかけているときの症状と補給の目安を知りましょう。こまめに水分摂取した方が良い理由をお教えします。

水分補給が出来ているかの判断材料

いつもよりも尿の色が濃い場合(濃い黄色、または茶色)にはもっと水分をとる必要があります。寝起きの排泄での濃い色のおしっこは水分不足の状態を示しています。寝ている間に汗で出ていった水分を補給するために、朝起きたらすぐ水を飲むというのは体に必要なことです。

尿の色が無色に近かったり薄い黄色なら水分の代謝バランスがよい状態です(ビタミンを多く摂取した場合は例外です)。尿の色を確認することで水分補給がきちんとできているかを確かめることができます。

水分が足りなくなると危険

体内の水分が不足すると、さまざまな健康障害を引き起こす要因になります。人の体の60〜70%は水と言われているように体の水分が減り脱水症状になったとき、その減少度により次々に危険な影響がでてきます。

体内の水分が、2%くらい減るとノドの強い乾きや食欲不振などが起きてきます。強い乾きを覚えたときは既に危ない状態が近づいているので早急な水分補給が必要です。
3%くらい減ると血液濃縮で脳梗塞・心筋梗塞などが起こる危険性が高まってきます。
6%くらい減少となると頭痛、体温上昇などで熱中症の症状が出はじめます。

これ以上となると命の危険性が大幅にUPし、

8%減少で呼吸困難、めまいなど
10%減少で失神、精神錯乱など
20%減少で生存可能限界となります。

人は1日に約1.5リットル〜2.5リットル前後の水分が汗や排泄、呼吸で出ていっているのでその分補充しなければなりません。1日に2リットル水を飲むと健康に良いというのはある程度理にかなっているといえます。

日常生活でだいたい、飲物で約1リットル、食物で約1.2リットル、体内の代謝で約0.3リットルの水分を得ています。体内に水分が多めにある場合、血液を薄め循環がよくなるので体に多少多い分にはよい効果を得られます。

また、暑くて汗をドバッとかく日などは「意識してこまめな水分補給」が必要となってきます。喉が渇いたと思ったときはもう遅く、脱水症状が進んでいます。渇きを感じてから水を飲んだ段階では失った水分のすべてをすぐ補給できません。

飲んだ直後はその何割しか吸収されず身体に浸透するまで時間が必要です。電解質を含んだポカリスウェットなどのスポーツドリンクは体に吸収されやすい飲料なので水分回復を早めたいときにはオススメです。

ノドの渇きといった意識と関係なく身体の水分状態を教えてくれるのがおしっこです。おしっこの色が体の中の水分量を教えてくれるので、色の濃淡で体の中の水分量を知ってしっかり補給しましょう。いつも薄い色の尿ってのが理想です。

上手な水分補給のコツ

水分補給の習慣をつけ水を体に入れる癖を作ることを考えると良いでしょう。

「朝と夜、コップ1杯の水を飲む」

「1日飲む量の目安を決めて用意しておく」

「ノドが渇く前にこまめに飲む」

夏場は冷たいものを飲みがちですが、冷たい飲み物ばかりだと体が冷え、ジュース類ばかりだと糖分を取りすぎて食欲がなくなり夏ばての原因になります。胃が「タプン、タプン」言うようになったら飲みすぎです。こまめに適量をとる水分補給のやり方を作ることが大切です。

一度にたくさんの量を摂取しても、からだには吸収されません。こまめに水を補給できるようにウォーターサーバーを置いたりペットボトルのミネラルウォーターを常備しておくと意識して補給できます。

また、デトックスということを意識するならば少し余分に水を飲むのは間違えではありません。 水を余分に飲んで尿を出すことで体の中の老廃物を出やすくすることができます。

水をストックしておこう

500mlが飲みきりサイズでおすすめです。

上手に水分補給するために

水分が不足しているときに効率よく補給するのに便利なのは水分補給ゼリーです。体液に近い電解質組成なので必要な水分を水よりも速く吸収してくれます。夏場の水分補給にも活躍してくれます。また、水分が不足しているときには一緒に栄養も不足していることが考えられます。水分と共に栄養も補給できる栄養補給ゼリーがあると体に必要なものを同時に摂ることができます。



あると便利!生活が潤う
ウォーターサーバー

毎日に欠かせない「水」。どんなふうに考えていますか?

ウォーターサーバーがあると水の便利さが変わります。安全なミネラルウォーターを、水道を使うような手軽さで使えるのがウォーターサーバーです。

安心な水というだけでなく、蛇口をひねる感覚で冷たい水もお茶お入れるのによい温水も出るというのは大きな利点です。

コップ一杯の水、カップ一杯のコーヒーと適量で使えるので便利。ペットボトルで水を買うよりも経済的だったりもします。

家庭でのウォーターサーバー

ウォーターサーバーを契約しておくとミネラルウォーターを自宅に宅配してくれるようになるのでとても重宝します。

冷蔵庫を使わず水道の蛇口をひねる感覚で冷水をすぐおいしく頂けます。 ウォーターサーバーに使われる水は水道水に比べて体にも優しい天然水やミネラル処理された水が使われているのは言うまでもありません。

家庭でウォーターサーバーを使うメリットとして挙げられるのが、お茶を入れる「お湯がすぐ出せる」ということです。手間を掛けずにお茶やコーヒーを、カップ麺もお湯を沸かす待ち時間なく作れます。

ウォーターサーバー体験
1本無料キャンペーン中

いまだけ!ボトル1本(12リットル)を無料お試し。その後、要らなかったら水サーバーとボトルが回収されるだけです。必要なのは設置と撤収時の立ち会いで無理な勧誘はありません。

オフィス・ショップでのウォーターサーバー

ウォーターサーバーは会社・店舗・学校・病院などでよく見かけるようになりました。ウォーターサーバーを設置すれば、来客者においしいお水を出すことができ、お茶やコーヒーを入れるのも簡単にできるようになります。

裏でポットややかんなどで湯を沸かす必要もなくなるし、なにより来客者のいるすぐ近くでお茶を用意できるのは大きなメリットです。

他にも、水道施設の無い場所でも活用を考えられますし、紙コップホルダーなどを設置すれば、待合室など不特定多数の利用者を想定した場合にも役立ちます。

今後ウォーターサーバーはますます需要が増えていくことが考えられます。

水の疑問

水はトイレ近くなる?

いろいろな飲み物の中で、トイレに行く回数がもっとも少なく済むのは水です。尿意を感じされるきっかけになる刺激がすくないので膀胱に一定量の尿がたまるまでは大丈夫です。

逆に、尿意を早めるのは「カフェイン」や「カリウム」が含まれているものです。コーヒーやお茶にカフェインが、果汁の多いフルーツや野菜ジュースにカリウムが多く含まれています。普通のペットボトルのお茶はそれほど多く含まれておらず、スポーツドリンクも少ないです。

長距離の移動や席を離れられないときなど、すぐにトイレにいけない状態のとには飲むものをコントロールしましょう。

カフェインやカリウムが入っている飲み物は、利尿作用が高いともいえるので代謝を促したいとき尿を出したいときには飲みましょう。

短時間で何度もトイレに行きたくなるのは何故?

一度トイレに行き始めると、せきを切ったように短時間で何度も行きたくなってしまう。これは利尿ホルモンが刺激されて必要以上に尿をだそうと身体が働いてしまうためです。トイレをガマンした後にまたすぐ行きたくなるのは、出していいんだと身体が反応してまだあるよって信号を送ってきてしまいます。

COLOR LECTURE


Webアンケート調査・ネットリサーチ




イーデザイン selection

色のイメージ効果を知ろう。カラーボックスを選ぶとその色の全てが分かります。