色カラー
白のイメージ 黒のイメージ 灰のイメージ 青のイメージ 赤のイメージ 緑のイメージ 黄のイメージ 橙のイメージ 桃のイメージ 紫のイメージ 茶のイメージ 金のイメージ 銀のイメージ

色の基本概念!光の三原色と色の三原色

COLOR LECTURE

2つの三原色

色の三原色は「光の三原色」と「色の三原色」があります。それぞれの色の領域で基本になる三色です。

光の三原色

光の三原色は発光で見える色です。

RGB光の三原則の図

光の三原色はRGB(赤Red・緑Green・青Blue)で作られる色で、混ざると明るくなり白に近づいていく混色方法です。加法混色と呼ばれています。テレビ画面やパソコンのモニター、電飾看板やライトなどそのもの自身が発光しているものは光の三原色で色が作られています。

色の三原色

色の三原色は光が当たり反射して見える色です。

CMY色の三原色の図

色の三原色はCMYK(シアンcyan・マゼンタmagenta・イエローyellow)で作られる色で、混ざると暗くなり黒に近づいていく混色方法です。減法混色と呼ばれています。理論的にはこの3色を同じ割合で混ぜると黒になりますが実際には濃い茶色が精一杯です。光が当たって反射して見える色です。本やチラシなど印刷で出されるものは色の三原色で作られています。印刷の際にはキープレートとして黒を加えて色の安定性を高めています。

それぞれの色の数

数値で表現できる色は、色の三原色が約1億色、光の三原色は約1600万色ですが表現領域は光の三原色の方が広くあります。

COLOR LECTURE


色のアンケート




selection

色のイメージ効果を知ろう