色カラー
色彩を中心とした情報サイト


色の力を使ってお金と自分を管理しよう

COLOR EPISODE

色の効果を使って支出を抑える

お金を増やすためにいち早く効果を期待できるのは出費を減らすことです。その方法の一つとして「色の効果」が使えます。色で無駄使いや衝動買いを抑えることが出来るかもしれません。

冷静になれる青色効果

出費を抑えるのに効果が期待出来る色は青色です。青色は理性を働かせてくれ冷静な判断力を促してくれるカラーです。コンビニや街を歩いているときにふと入ったお店での衝動買いの症状は、青の効果を得ることによって冷静に抑制する判断が下せるようになります。

支払いの前に必ず見ることになる財布の色を青系のものにするとお金の確認したときに冷静さを取り戻してくれ、考えを巡らせる一瞬の時間をつくれます。こうすることで財布の紐を堅くできる可能性が生まれます。ひとまず感情に走った購買欲の気持を落ち着かせてくれます。

購買欲を上げる赤色には注意

出費を抑えるために目から遠ざけたい避けたい色が赤です。セールのときには必ずといっていいほど赤色が使われ宣伝されています。広告色・販売色・宣伝色とも言われる赤には人の関心を引き、欲しい気持ちを煽る効果があります。無駄遣いが多い人は衝動買いを誘ってくる赤に気を付けなければいけません。実際に赤い値札が付けられている商品は安くてお買得なものが多いですが、中にはそうでないものも交じっているものです。

赤には注意し、冷静な判断を助ける青で支出を抑えましょう。

スポンサーリンク


財布の色を決めよう

「金運UPの財布の色」と「節約の財布の色」

風水で金運を上げる色として持つとツキを呼び込める財布の色としては黄色・茶色・黒色があげられます。

青色は風水的には節約できるがお金が入ってこないとされています。青色はお金を増やすより出ていくのを抑制するための「使いすぎないように心がけるための色」となります。

注意が必要な青として、濃い青は入ってきたお金が流れていく色といわれています。金運としての青では、淡い青・水色が良いとされています。淡い青・水色はお金を増やすという力を持ちます。

財布と色の関係

黄色:実入りはあるが支出も多く出入りが激しい。
黒色:維持する力を持ち無駄遣いを減らし資産を守る。
茶色:計画的にお金を使える堅実性がつく。貯めることができる。
金色:金の色なので類を呼びお金が集まる。良いお金の使い方ができる。
緑色:出ていったお金を呼び戻す再生を促す。一生懸命働く人には良い。
赤色:交友関係が広がる。衝動買いで出費が多くなる。
青色:節約できる。出費を抑える。
桃色:人間関係を良くし、夢や目標を実現するお金が育ちます。
紫色:ステータスを上げる。無駄遣いを抑える。
白色:常にきれいにしておくことでお金を育てる力がつく。
ベージュ:お金を貯めて保護してくれる。


貯蓄できる色

堅実さや安定を表す色である「茶色」を使うことで貯蓄を意識できます。将来に必要なことを計画的に考える力を茶色は与えてくれます。茶色の中でもチョコレートの色のような濃い茶色が良いとされます。服装に取り入れたり財布などの小物や家のインテリアに入れたりして堅実や安定さを身につけると貯蓄もできるようになるかもしれません。

茶色の堅実さや安定の効果を使って貯蓄を考えてみましょう。

確実に貯金するには

余ったお金を貯金するのではなく、収入があったら1000円でもいいのですぐに貯金箱や貯金口座に入れていくことで増えていきます。

少額でも最初に貯金する分を入れていった方が残ったお金でやりくりするようにできます。貯金分に手を付け難くすることでお金が貯まります。

お金を増やすには長財布がおすすめ

お札を折り曲げることなく入れられるので、お札の居心地が良くなります。

お金に対する気持ちというのは軽視してはいけません。お金の居心地がいいように大切に扱っていればまた戻ってくるという考え方があります。

また、長財布は中身を整理しやすく効率的に使えるという点もメリットです。


スポンサーリンク

カラー講座


色の力を使いこなそう




パーソナルカラーを学んでみませんか?
自分に似合う色を理解することであなたの個性が引き出されます。
色占い 言葉の色を鑑定!色診断ファルベコローレ
配色の見本帳

色のアンケート




color selection

カラー講座:色の効果と影響力


デザイン講座:技とコツと豆知識


アンケート調査結果


PR


色のイメージ効果を知ろう

白のイメージ黒のイメージ灰のイメージ青のイメージ赤のイメージ緑のイメージ黄のイメージ橙のイメージ桃のイメージ紫のイメージ茶のイメージ金のイメージ銀のイメージ

色カラータグ


スポンサーリンク