色カラー
色彩データとデザイン講座

服の色の組み合わせ - カラーコーディネート

COLOR EPISODE

服の色の組み合わせ

今日はどの色の洋服を着ようかってときに色の組み合わせをコーディネートのひとつとして考えると思います。

そのときに、どの色とどの色の服を組み合わせるかとともに、色の割合をどのように使うかという点にも気を回しましょう。同じ色の組み合わせでもどんな割合で色が使われているかによって雰囲気や印象がかわります。


服をコーディネートする際にはベースカラー、アソートカラー、アクセントカラーの3つをうまく割合を考えながら組み合わせれば失敗のない着こなしになります。

ベースカラーは全体的な見た目の雰囲気を作る色で全体の7割位を占める色です。スーツやワンピース、コートなど大きい面積を占める服がベースカラーです。

アソートカラーはベースカラーを引き立て全体をまとめる色で全体の2〜3割を占める色です。ブラウスやベスト、スカートやパンツ、靴やバッグなどがアソートカラーとなる色です。

アクセントカラーはメリハリを入れてファションを引き締める色で全体の1割位を使います。ベースカラーと対照的な色や目立つ色を選ぶとメリハリができます。アクセサリーやネクタイ、スカーフなどがアクセントカラーの色です。

カラーバランスの図

洋服には多くの色が使われていますがベースカラー、アソートカラー、アクセントカラーの3つのキーとなる色の組み合わせをしっかりしておけばコーディネートは上手にできるようになります。

ファッションスタイルで選ぶ着こなし

気分を変えたいときに選ぶ服の色

モデルが着ているから分かりやすい! 日替わりコーディネート

1週間過ごせる着回しコーデ

女子目線で考えたモテ男のシンプル服


服のカラーコーディネートを法則に従って着合わせしてみよう。

服の着合わせは色の法則をつかえば失敗は少なくなります。よりおしゃれに見えるし、目立つ印象を与えるようにも・控えめな印象を与えるようにも配色の仕組みを利用すれば雰囲気を作りやすいです。ただ、自分で考えているだけだと色の思考が固定化している場合もあるので、しっくりこないときには友達に聞いてヒントを得たりカラーコーディネーターに教わるのも方法です。

トーン・オン・トーン配色

同系の色相による濃淡で作る配色。色相の持つイメージが強調されます。
同系色の濃い色と薄い色の服を組み合わせた着こなしです。

#FFFFFF#FFFBC7#D6C677#FFF67F


ドミナント・カラー配色

多色に統一感を持たせるために色味を同じ系統によせて一定にします。
服の色を似た方向の色でまとめた着こなし。

#C78D4B#FFE100#F7AB00#AA9A00


トーン・イン・トーン配色

同系のトーンでまとめた配色。薄い色なら薄い色、濃い色なら濃い色でまとめる。
色の濃い服・色の淡い服・色の明い服・色の暗い服など色調をまとめた組み合わせ。

#F8C5AC#F4B4D0#9FD9F6#BEDFC2

#3B1E87#801E6C#910000#5D310C


トーナルカラー配色

中間色による配色。グレーみの落ち着いた色の組み合わせ。
色に灰色が入った服の組み合わせで作ります。

#AA9A00#9B7843#9B7B6C#757088


ドミナント・トーン配色

多色にまとまりを持たせた配色。色相を明暗の階調をあわせて一定にする。
服の色合いは様々でも明るい色・暗めの色で統一することによってまとまりを持たせます。

#680000#00496D#736B00#004714


カマイユ配色

ほとんど同じ色で素材やテクスチャ処理の違いでつくる配色。
遠目には1色に見えるような繊細なファッション。

#C78D4B#C8A06C#BD8C66


フォ・カマイユ配色

ほぼ同色で微妙に色相とトーンがずらした配色。
似た色でバランスをとった服のコーディネート。

#B9C3C9#C8BCB5#C9CACA#929994


トリコロール配色

コントラストのはっきりした配色。
フランス国旗やイタリア国旗などのように色の差をハッキリ分けた3色での組み合わせた服装。シャツのインナーとパンツで明快に色分けして着こなす。

#E8380D#F5F3F2#0068B7


ビコロール配色

コントラストのはっきりした2色での配色。
上下の服の着合わせで色をわけて色合いの違いを見せます。

#00496D#F5F3F2


マルチカラー配色

3色以上での多彩色配色。
チェック柄やアジアンテイスト、エスニックテイストなど複雑な色・模様の組み合わせのコーディネート。柄と一色の服を組み合わせる。

#EB6100#00693E#801E6C #00496D


グラデーション配色

3色以上の色をトーンの階調の変化にあわせて並べた配色。
濃い色と淡い色の組み合わせで段階的な変化を組んだ服装。

#1E2C5C#595757#757088


レピテーション配色

3色以上の色を繰り返し使って全体のまとまりをつくる配色。
ネルシャツなどの柄モノファッション。

#406186#A72126#AA9A00#406186#A72126#AA9A00#406186#A72126


ナチュラル・ハーモニー配色

自然な調和感をつくる配色。自然にある色を基調にした組み合わせ。
温もり感や暖かさが飾らずでます。

#C4D700#A5D4AD#9B7843#5D310C


コンプレックス・ハーモニー配色

人工的な調和感をつくる配色。グレーの入ったやや暗め・落ち着いた色を基調にした組み合わせ。落ち着きや都会的、キリッとしたコーディネー ト。

#9E948F#727171#010000#D6C677



関連記事

iro-color

色彩講座!色彩心理学をマスターしよう

色のアンケート2
ポケットサイズなので、持ち歩きに便利!

色のアンケート3


パーソナルカラー診断ファルベコローレ

言葉のイメージを色に変換してくれるサイトです!日本語に限らずいろいろな文字を入力して遊べます。色と言葉の繋がりが思っていたイメージと一致しているか比べてみてください。

色占い

色に詳しくなる!



color selection

広告デザインやイラストを描くなどの創作活動、インテリアや建築設計にファッションと様々なシーンで色は重要な要素になります。

カラー講座:色の効果と影響力


デザイン講座:技とコツと豆知識


アンケート調査結果


色のアンケートの題材を募集中!アンケート調査致します(例:色が印象的な観光名所を知りたい)など、色についての目安箱へお送りください。


PR