色カラー
色彩を中心とした情報サイト


色の力で印象を操作!自己を演出する色

COLOR EPISODE

自己を演出する色

こんな自分を相手に印象づけたいときに、色の力を取り入れて自己演出をしよう。色がイメージ操作をサポートしてくれます。

★知的なイメージを印象づける

初対面での第一印象を良くするためにいいのは青色です。

青色のイメージ色

青色で知的なイメージを作ることができます。その中でも瑠璃色には落ち着いた性質の青色にプラスして精神性の高さを表す紫が入っているのでより効果的です。

身につける小物に取り入れると知的なキャラクターを印象づけることができます。

★話しやすそうな人のイメージを印象づける

初対面では、取っつきにくいなと距離を置かれてしまうより明るい印象で親しみやすく話しやすそうな人って思われたいものです。

そのときいいのが蒲公英(たんぽぽ)色や向日葵(ひまわり)色といった黄色系の色です。

たんぽぽ色 ひまわり色

黄色はほっと安心感を与えてくれ相手との距離感を縮めるのには最適な色です。

持ち歩く小物に黄色のものを取り入れて相手に親しみやすさを作ってみましょう。

服装に黄色を身につければ効果は大きくなります。

スポンサーリンク


責任感を見せる色

責任感をまとうために身につけるといい色は2つあります。

まず、責任感というのは任せられたことを自覚し役割をやりきろうとする気持ちのことです。 不満があったりやりたくないからと投げ出していては周りの迷惑になってしまうため行動に対してやるという姿勢が問われます。

行って起きた結果が失敗した場合も誰かのせいにせず責任をとる心づもりをもっているのが責任感があるということになります。

責任感を色の効果で印象づけたり育てるには「黒」と「青」をコーディネートした色がおすすめです。

黒はすべてを吸収する色なので雑念消し忍耐強さと強い意志を与えてくれ、青は集中力を高めてくれます。この2色が組み合わせることにより自分の責務を最後まで行うパワーになってくれます。黒と青のイメージ効果で周りからも責任感のある人とも見てもらえるようになります。

黒と青をつかって最後までやり抜く力を得られます。


忍耐力を身につける色

忍耐力を身につける色。我慢する気持ちを養ってくれる色は黒色。意志の強さをだすのに黒はよいです。プラス自分のペースで堅実になる茶色をあわせて精神を強く保つようになれます。

黒と茶色の組み合わせで我慢強さをUP。


休みが欲しいことを分かってもらう色

休みを取りたいけれどなかなか言い出せない。休暇が欲しいと主張したいときにはミッドナイトブルーをつかってみよう。真夜中の青という意味合いのこの色は強気な雰囲気と説得力を併せ持っている色です。周りに流されず自分の主張を通す空気を出してくれ後押ししてくれます。

ミッドナイトブルーのイメージ色

濃紺のミッドナイトブルーで気持ちを休みモードにして休暇を取得。


顔色を悪くするための色

調子が悪くて辛いんだけど周りからは普段通りに扱われてしまう。体調が悪いんだと分かって貰うためにネズミ色のパールグレーを顔の近くや上半身に持ってきます。そうすることで血色が悪く見え具合が悪そうな印象を作ることが出来ます。

パールグレーのイメージ色


スポンサーリンク

カラー講座


色の力を使いこなそう




パーソナルカラーを学んでみませんか?
自分に似合う色を理解することであなたの個性が引き出されます。
色占い 言葉の色を鑑定!色診断ファルベコローレ
配色の見本帳

色のアンケート




color selection

カラー講座:色の効果と影響力


デザイン講座:技とコツと豆知識


アンケート調査結果


PR


色のイメージ効果を知ろう

白のイメージ黒のイメージ灰のイメージ青のイメージ赤のイメージ緑のイメージ黄のイメージ橙のイメージ桃のイメージ紫のイメージ茶のイメージ金のイメージ銀のイメージ

色カラータグ


スポンサーリンク