色カラー

虹の配色

iro-color
COLOR EPISODE

虹の配色

虹の色は7色。一般的に赤・橙・黄・緑・青・藍・紫の7色が虹の配色です。

虹の空

色の順番はどの虹でも必ず同じです。

虹の色相

虹色のカラーチャート でトーンで揃えた色の数値を確認できます。



虹色は7色というのは万有引力の法則などで有名な科学者・ニュートンの説。ニュートンの時代では「7」と結び付けることが大事なことと考えられていました。流行だったともいえます。その当時の色彩の基本として赤、黄、緑、青、菫の5色がありましたがニュートンは虹の光の帯を見てどうしてもプラス2色加えての7つの色としたかったようです。それで赤と黄の間に果物のオレンジの色から「橙」、青と菫の間に植物染料の色の藍を加えて7色にし、虹の色は7色と決めました。これが日本に伝わって明治以降の日本の学校教育のなかで広まり現在にいたっています。

世界の虹色事情

世界の中で虹色は5色だったり6色だったり、3色、4色の国もありと国や地域あるいは時代によってさまざまな虹色の数の考え方があります。科学的には虹の色は連続した色の変化できっちりと区別することはできません。よっていろんな虹の色の数のとらえ方が存在しています。日本の場合は学校教育に7色が取り入れられたのが広まったのが主だった理由ですが、日本人は色彩認識力が高く細かな色の違いも判断できるため7色と色数の多い虹色を受け入れることができているという面もあります。

虹の色の並び順

虹色は色のスペクトルの順が決まっています。上(外側)から赤橙黄緑青藍紫となっていて、どの虹を見てもこの順番になっています。虹色の配色をするときには、上から順番に「せきとうおうりょくせいらんし(赤橙黄緑青藍紫)」と赤が上で紫が一番下となっていると記憶すると覚えやすいと思います。

デザインで使われる虹色配色

虹色は基本は赤色始まりですがスペクトルをずらして青色始まりにしたり、逆順にしたりして使われています。グラデーションの端の色は印象が強くなります。


色についてのお話代表的な色のイメージ


color selection

注目のページ

色の人気記事

技とコツと豆知識





ポケットサイズで持ち歩けて便利!


色について
聞かせてください

言葉からイメージする配色

色占い



◇カラーチャート

WEBデザインのコツ

デザイン業界で働く

カラープロモーション


色のアンケートの題材を募集中!(例:色が印象的な観光名所を知りたい)など、トップページ中段のコメントフォームよりお送りください。
※サイト内の色の数値は目安です。使用ソフトやバージョンによって色変換の数値は多少異なります。




Copyright © 2009-2014 http://iro-color.com - 色の参考書籍 - サイトマップ - お問い合わせ・依頼