色カラー
色彩を中心とした通信サイト

共通認識される色の働き・色の性質

COLOR EPISODE

色の基本的な性質

色はただ色として認識されるだけでなく心や気持ちに働きかけシグナルをくれます。分かりやすいものでいえば暖かさや寒さ、重さ、軽さ、柔らかさ、固さといったイメージです。色のイメージは経験や習慣などから人それぞれが後天的に受けるものと最初から共通認識として一般化されているものがあります。前出したイメージは多くの人が色と言葉の連想が一致するものです。

暖色系と寒色系
暖かいとか温もりを感じる色と、寒そうとか冷たいと感じる色です。火や太陽など熱を発するものを連想させる赤・橙・黄色などが暖色系の色です。雪や氷といった冷たいものを連想させる青・青緑・白などが寒色系の色になります。同じ気温の中にいても暖色系の空間と寒色系の空間では感じる温度に差が出ます。
暖色系と寒色系のイメージ

軽い色と重い色
光を反射する白は軽いイメージを与え、光を吸収する黒は重いイメージを与えます。明度の高い明るい色ほど軽く感じ、明度の低い暗い色ほど重く感じます。荷物を梱包する段ボールの色が白やベージュなのは軽く持て運びやすいイメージを持たせるためだったりします。
軽い色と重い色のイメージ

柔らかい色と固い色
白に近い高明度・低彩度の色は柔らかい印象になり、黒に近い低明度・低彩度の色は固い印象になります。
柔らかい色と固い色のイメージ

興奮色と鎮静色
赤系の彩度の高い色は興奮感を与え気持ちを高ぶらせます。青系の彩度の低い色は鎮静効果があり落ち着きをくれます。
興奮色と鎮静色のイメージ

進出色と後退色
同じ位置にいるのに近くに感じる色と遠くに感じる色があります。赤や黄色といった暖色系の色や明るい色は迫ってくるように見える進出色で、青などの寒色系や暗い色は遠くにあるように見える後退色です。
進出色と後退色のイメージ

膨張色と収縮色
同じ大きさの物体でも色によって大きく見えたり小さく見えたりします。明度によるものが大きく明るい色は膨らんで見え暗い色は引き締まって見えます。また、膨張色と進出色、収縮色と後退色の属性はリンクするので赤系は大きく見え青系は小さく見えます。囲碁の碁石で黒石の方がほんの少し大きく作られているのは膨張色と収縮色を考慮して同じ大きさに石が見えるようにするためだったりします。
膨張色と収縮色のイメージ

スポンサーリンク


色の効果を使ってコントロール

色を上手く使うことで感情や行動をコントロールすることができます。

やる気が出ないときや積極的になりたいときには赤系の服を着てみたり、赤い物を身につけてみたりするとやる気になり行動力がでてきます。逆にドキドキしたり熱くなりすぎるのを落ちつかせたいときには青系の服を着てみたり、青い物を身につけてみたりすると気分を安定させる効果を期待できます。

他にも目に入ってくる色によって、赤色は暖かい、青色は冷たい、黒色は重い、白色は軽い、赤色は興奮する、黄色は元気になる、緑は安らぐ、桃色は幸せを感じる、茶色は安定感をくれる、などなど気持ちをコントロールする性質が色には多くあります。また、どんな色でも「自分が好きな色」には癒しの効果があります。好きな色を見たときにはほっと一息つける安心する気持ちが生まれます。身の周りに好きな色の物を置いておくとヒーリングアイテムとなり癒し効果が期待できます。


スポンサーリンク
あなたのカラーイメージを診断します

色の効果を知ろう

白のイメージ黒のイメージ灰のイメージ青のイメージ赤のイメージ緑のイメージ黄のイメージ橙のイメージ桃のイメージ紫のイメージ茶のイメージ金のイメージ銀のイメージ

iro-color

色の好き嫌い調査の結果2014
色のアンケート2


色のアンケート3

役立つ色の資格の資料請求
色に詳しくなるBOOK
このサイトに広告を載せませんか

色占い

金平糖時計