3416 SASHIIRO

暮らしに差し色、ちょっとした変化を。

マーケティング

お菓子や食べ物でめちゃくちゃ美味しいものは大ヒットしない

投稿日:

理由はリピートして食べたときに前の美味しいと感じた記憶が勝ってしまうからです。それで前に食べたときの方が美味しかったような気がすると感じてしまってリピートが終わってしまいます。

もちろん美味しいものは売れます。でも爆発的大ヒットはしません。美味しすぎるというのは期待値のハードルを一気に上げてしまいます。上がってしまったハードルをリピート時には越えられなくなってしまい満足度が低下してしまうのが美味しすぎる食べ物です。

逆に大ヒットするものは、すごく美味しいというわけではないけどおいしい、どちらかといったら美味しいといった具合に小満足するおいしさのものです。

時間が経った後たしか美味しかったくらいのあいまいな記憶の味は、再び食べても満足のいく美味しさでいてくれます。

リピートして食べたときに受ける「美味しい」の感じ方が売れ続ける食べ物とすぐにブームで終わる食べ物との差になります。

-マーケティング

関連記事

ヒット商品のマル秘プレゼン資料を大公開!資料から読み解く成功の極意

ヒット商品のマル秘プレゼン資料を大公開! 資料から読み解く成功の極意 ヒット商品の開発時に作成した門外不出のプレゼン資料と、それにまつわる裏話を掲載した書籍「ヒット商品のマル秘プレゼン資料を大公開! …

2019年の色を選定!新しい時代に向かうアウェイクニングオレンジ

2018年11月16日いい色の日に、日本流行色協会(JAFCA)より2018年と2019年を象徴する、それぞれの色を発表されました。これらの色は単に流行した色、あるいは流行する色という意味ではなく、そ …

アイデアは他業種に転がっている

同じ業種からやり方をマネした場合パクリといわれかねませんが、他業種から持ってきた場合には斬新なアイデアとなります。 市場調査というと同業種の同じ業界ばかりを見ている人が多いように思います。同じ業界で売 …

仕事のお供には紅茶がベスト!作業能率を向上させるのにもっとも効果のあるドリンクは紅茶という結果に~精神神経科医で産業医の古賀良彦先生研究~

飲み物で働き方改革紅茶が脳の血流を活発にして生産性を高める 精神神経科医で産業医の古賀良彦先生(杏林大学医学部名誉教授、日本ブレインヘルス協会理事長)は、職場でよく飲まれる飲料が生産性に与える可能性に …

全ての人がターゲット、みんながお客様ではいけない

ひとりひとりが扱える仕事量には限度があります。売上げを伸ばして利益を上げていくためには、利益が上がる太いお客様にターゲットを絞らなければいけません。 いろんな人の役に立ちたいと思って全ての人を顧客にす …