3416 SASHIIRO

暮らしに差し色、ちょっとした変化を。

食べ物と飲み物

今年の解禁日は11月21日!新潟の高級西洋なし「ル レクチエ」

投稿日:

「ル レクチエ」

新潟県特産の高級西洋なし「ル レクチエ」の販売解禁日が今年は11月21日に決定しました。県産「ル レクチエ」は、早出し競争による品質低下を防ぐため、JRグループの自主的な取組として販売解禁日がもうけられています。

お歳暮やパーティーシーズンの贈答品として

「ル レクチエ」は、皮が薄く、傷つきやすいデリケートな性質のため、栽培には繊細な技術と環境が求められいます。生産量が限られ出荷時期が約1ヵ月と短いため、希少価値が高く、高価なもので1玉4,000円の値が付けられるものもあります。その希少性と、甘くとろみのある上品な口当たり、芳醇な香りといった特長から、お歳暮など贈答品として高く評価され、華やかなパーティーシーズンにぴったりの果物です。


「ル レクチエ」

他の西洋なしと比べて追塾期間が長く、例えば、「ラ・フランス」の追熟期間は15~20日間ほどですが、「ル レクチエ」は約40日間の追熟期間を要します。10月中~下旬ごろからの収穫作業ののち10~15℃で管理することによって、表皮が緑色から山吹色に変化し、高い糖度ととろけるような果肉、
独特な甘い香りが生まれます。

「ル レクチエ」は、フランス生まれの西洋なしで、日本では明治36年(1903年)に新潟県で栽培されはじめました。当初、栽培に試行錯誤を繰り返していましたが、デリケートな果実をひとつひとつ袋をかけて大切に栽培するなど、産地をあげて本格的な栽培に取り組み、平成に入った頃、安定的に出荷できるようになりました。こうして新潟県は本国フランスをもしのぐ「ル レクチエ」の一大産地へと発展しました。現在、国内における「ル レクチエ」の8割が新潟県で生産され、県における「ル レクチエ」の年間生産量は約1,600トンにのぼります。

ル レクチエの概要

名称:ル レクチエ
販売解禁日:11月21日
収穫時期:10月中旬~下旬
販売期間:11月21日から約1ヵ月
販売場所:首都圏・中京・関西の百貨店、果物専門店など
価格:1玉平均300~500円ほどで、贈答用高級果実として高く評価される
色:追熟で緑色から山吹色に
味:濃厚な甘みと適度な酸味
香り:甘い香水のような芳醇な香り
形:首の部分がくびれた、エレガントな外観
食感:とろみがあり、なめらかな口当たり

-食べ物と飲み物
-,

関連記事

お米の粉だから、米粉は和スイーツも大得意!定番の和菓子から和テイストの洋菓子まで、みんなが笑顔になる米粉のおやつ本

米粉のおやつ 大福にみたらしだんご、桜シフォン……。お茶の時間にお使い物に、手作りの米粉の和スイーツでほっこりしませんか? 米粉のおやつ作りは、じつはとても簡単です。混ぜすぎやこねすぎの心配がなく、作 …

塩でもむだけ、タレに漬けて焼くだけ…。テレビで人気の男子料理家が提案するだけ弁

日本のお弁当づくりは、がんばりすぎ!世界各国を回った人気料理家が提案する超カンタン弁当 コウケンテツの世界幸せゴハン紀行、アジア食紀行、コウケンテツが行く アジア旅ごはんなど、世界各地の家庭を回って食 …

O CHER(オーカー)はコーヒー豆から作った健康飲料です。一般的なコーヒーの4,500倍のポリフェノールなどを含有

O CHER(オーカー) コーヒー豆から作られる健康志向のコーヒー飲料 O CHER(オーカー)。一般認知されているコーヒー色(黒)ではなく、黄土色のドリンクです。 コーヒーの製造過程に行われる焙煎と …

料理書籍「野菜がおいしいのはスープだから」。サラダのようでもあり、副菜でもあり、主菜にもなるのがスープ。

野菜がおいしいのはスープだから スープは自由。スープは無敵。野菜をおいしく食べるための3種のスープ スープとはこうあるべき、という決まりごとは設けず、自由な発想で考えた「野菜がおいしく食べられるスープ …

悪魔的においしいとハマる人が続出する!悪魔のおにぎり公式レシピ

悪魔のおにぎりと南極流リメイク料理 2月14日に発売された悪魔のおにぎり公式レシピ本、悪魔のおにぎりと南極流リメイク料理。リリースの噂が広まるや、ツイッターでも瞬く間に「いいね!」が飛び乱れ、Amaz …