色カラー

ホームページから成約に繫げるセールスレターの鉄板テンプレート(仮タイトル)

アフィリエイトやリスティングなどのホームページ広告で成約を得るためのコンテンツの構成の説明ページです。パソナの法則を使った記事展開から売上げのあがるランディングページの作り方、直帰する訪問者よりもアクションを起こして離脱してくれる訪問者を増やすためにすべきことを解説します。知りたい、行きたい、やってみたい、買いたいというユーザーの目的を解決し成約につなげましょう。

このページの記事を使って、ネットで成約に繫げるセールスレターの構成を説明していきます。

人は、最初の導入の文章を見てそのページに欲しい情報があるかどうか、読み進めるかを決めます。求めている情報で無かったときに、クリックしてから離れて貰う離脱位置があることがまず最初の収益ポイントになります。探していたことと違うなと思われたときの離脱ポイントには配信型広告を置いたり、収益に繋がるページへのリンクを適時用意しましょう。

サイトを離れる判断ポイント1
配信型広告もしくは離脱の興味を引くリンクを置く

導入部の文章が表示される範囲内に必ずなにかしらの広告が目に入るようにしましょう。導入で帰ってしまう人はページをスクロールしてくれない可能性が高いので確実に視界にはいる位置に設置して離脱ポイントを見せてください。

次に、

成約させたいものや答えを提示する

最初の離脱ポイントを通り抜けたら、この段階で紹介したいものや結論を出し訴求します。

コンテンツの構成のテンプレートとして、

1.タイトル:記事の内容
2.導入文:記事の簡単な説明
〜 配信型広告 〜
3.結論:商材の紹介や発信したい情報の要点
〜 商材広告 〜
4.解説:詳細な説明やパソナの法則を使ってのセールス、口コミの紹介など、記事を読んでくれる人向けのコンテンツ
〜 配信型広告 〜
5.結論:再度の商材紹介記事や情報のまとめ
〜 商材広告 〜

このコンテンツ構成の形が雛形となります。

導入文で求めていたものと違ったと即離脱する訪問者をこっちにあるかもと配信型広告でつかまえ、次に即買い客を満足させる商材で成約を得ます。その後に読ませる記事を置いて様子見訪問者の購買意欲を育てます。終わりに必要かどうかを伺い、要らないとなったときにも収益を残してもらえる可能性を得るために配信型広告を置いておきます。

平たく書くと、

  • 検索でクリックして貰うためのタイトル
  • このページの説明を3行で。
  • 簡潔なコメントを入れて、これ買ってよ。
  • いろいろうんちくを説明(アクセスが無いときはココを増やす)
  • だから、これ買ってよ。

って流れです。

こうやって訪問者の行動をうまく誘導できるコンテンツになれば売れるページになります。成果の大きい商材広告は購入・成約へ導くクロージングを2回行うことで即買い客とじっくり客の2種類の訪問者属性に対応できます。

アドセンスなどの配信型広告はタイトル下と記事下が鉄板位置といわれています。訪問者にパーソナライズされた広告も配信されるので広告に興味を持ってクリックで離脱してもらえる可能性があります。

ここまでがコンテンツの構成の答えになります。

訪問者は書いた文章を全て読んでくれません。いったん答えを提示して成約させたいものを紹介してしまうことも必要です。商品名といった買いたいものを検索エンジンに打ち込んで訪れていた場合には訴求力が強く、買うと決められていたものはすぐに購入へ向かってもらえます。

購買に向かう人向けに、ここで商材をいれます。

サイトを離れる判断ポイント2
商材リンクを置く、情報だけのとき離脱のための配信型広告

次に、

しっかり読んでくれる訪問者向けの記事を用意します。

しっかり読んでくれる人のための記事

ここからできる限りの詳細な情報を書くことを始めます。書くのはタイトルに対してのアンサーです。あまり脱線しすぎると記事がぼやけてしまうので気をつけましょう。文字数を増やすだけの内容ならばっさりと切り捨てて載せないということも考えてください。訪問者目線が必要です。重要な要素は前段落の答えの提示で終わらせて補足説明や口コミなど価値はあるけど不可欠ではない内容を書いていきます。

この部分は全部読んでもらえないだろうけどページコンテンツとして必要なことを入れていきましょう。読ませるという文章力が必要かも知れません。

記事の価値を高めるために

PASONAの法則を取り入れる

PASONAの法則(パソナの法則)というのは次の5つを並べた言葉です。

  • P:Problem 問題点を定義する
  • A:Agitation 問題点を指摘して心を煽る
  • So:Solution 解決策を提案する
  • N:Nallow Down 今すぐに行うべき理由を示す
  • A:Action 具体的な行動へ誘導

この構成に沿って、文章を構成することで「購入」「登録」といった成約目的に促すことができます。

具体的に「記事作成サービス」という例に当てはめると、

P:Problem ブログにアクセスが無いことに悩んでいませんか?
A:Agitation コンテンツが少ないからです。記事を増やしましょう。でも時間が無いですよね。
So:Solution かわりに記事を書いてくれるサービスがあります。
N:Nallow Down 同じ業種の記事は先着順です。需要のあるうちに早く記事を上げた方がアクセスが増えます。
A:Action いますぐ依頼すればプラス10記事書きます。電話にて受け付けならプラス15記事書きます。

といった具合です。

枯れた技術の水平思考のように行くかは分かりませんが、すでに広く使われてノウハウも固まり安定している文章テクニックであるPASONAの法則(パソナの法則)はテンプレートとして役に立つはずです。

広告主のことを考える

アフィリエイトや配信型広告はあくまで広告ですからネガティブなことが書かれている批判記事よりおすすめヨイショしている方が広告主の財布の紐もゆるくなります。もちろん絶賛するにしても程度はあると思いますし残念な点としての批評はありです。

広告費は企業がたくさんお金を払ってでも顧客を獲得したいとなれば高くなります。競合企業が多いことも高くなる要因になります。

また、成約をあげてくれるサイトも単価は高くなります。たくさん売上げをだしてくれるところにはインセンティブが発生するような感じです。売れるサイトにはお金をかけてでも広告を出したいというのは心理です。

成果型と同様になりつつあるのがクリック型の配信型広告です。単価は一昔前よりも広告効果の測定がシビアになっていると思います。クリック単価だけを見たら誤クリックのまずない記事下まで読んでもらって押される広告の方が高くなっているように感じます。

引用やクチコミ、ランキングなどで価値を底上げする

文献やインフルエンサーのコメントの引用は購買行動に影響を与えます。意識して長い物には巻かれてしまうわけではないですが権威を感じたり有名人の言葉に人は心理的に流されます。

クチコミも購買判断を高める効果があるとされています。売主のおすすめよりも友達や主婦といった一般の人の言葉やクチコミを数多く見聞きするとだんだんと親しみや信用を感じてきて買おうと心が動きます。

ランキングは何を買って良いのか迷っているときの手助けになります。アマゾンで星が5ついている商品やベストセラーになっていると買ってみようかと多くの人は流されます。また、家庭用品といったどれを選んでも同程度の評価が得られる商品もランキング表示で売れ行きが左右されます。

こういった第三者の意見を記事に掲載しておくと売れるきっかけを増やせます。

記事を装飾する

装飾することでテキスト主体のシンプルな記事も要点が分かりやすくなります。

強調マーカー

強調したい要素A

強調したい要素B

  • リストA
  • リストB
  • リストC

アイコン付きふきだしA

アイコン付きふきだしB

引用文

参照:
罫線

リンクボタン

他にもタイトル直下にキャッチや記事のイメージを膨らませる写真やイラストを加えるのも装飾です。

記事のルールを作ろう

作業フローを書き出していつでも確認できるようにしておくことで記事構成のブレがなくなります。自分に出来ることと出来ないこと、やりたいこととやりたくないこと、欲しいもの不用なものを洗い出しておくというのも一つの方法です。

たとえば、タイトル下のキャッチ画像はどのサイトでも使われているから入れた方が良いんだろうけど毎回作るのがおっくうだった場合。とりあえず無くてもいいのでは?

作る時間がもったいない。簡潔化したい。それよりも記事を優先して書くべき。と自分の作業ルールで行えばいいんです。

コンテンツが膨大になってくると全体をまとめきれなくなってきます。記事のみのコンテンツなら良いですがプログラムを使った動的なページを個別に入れたりしているとサイトの導線をどうして良いか分からなくなってきます。

その後のために無理なく出来るシンプルな作業ルールを最初に作っておくと行き詰まりません。凄いサイトだけを見ていてマネしようとしてもすぐに追いつけませんし逆に作業が止まってしまいます。それよりも何かネットに上げることを始めた方が有意義です。

黙々と試行錯誤して記事を作っていきましょう。

ここで詳細記事の終わりになり離脱ポイントを作ります。

サイトを離れる判断ポイント3
離脱のための配信型広告もしくは興味を引くリンクを置く

詳細記事の後は、しっかり読んでくれた訪問者をクロージングしていきます。

もう一度結論

残った訪問者を購入や成約へ導く

ページの最下部は広告で締めましょう。

需要があると思って書いてみたけど良い広告がないときにはアマゾンやアドセンスでもかまいません。記事を書いたらおさらいとして雛形を見直してください。

1.タイトル:記事の内容
2.導入文:記事の簡単な説明
〜 配信型広告 〜
3.結論:商材の紹介や発信したい情報の要点
〜 商材広告 〜
4.解説:詳細な説明やパソナの法則を使ってのセールス、口コミの紹介など、記事を読んでくれる人向けのコンテンツ
〜 配信型広告 〜
5.結論:再度の商材紹介記事や情報のまとめ
〜 商材広告 〜

このコンテンツ構成の形が雛形、コピーライティングの鉄板テンプレートとなります。

上に戻る

▲ ページトップへ