色カラー
色彩を中心とした通信サイト

紫色の歴史

questionnaire

紫。不吉な色と聞いたことがあるので、その由縁が知りたい

色のイメージは歴史や文化から作られることがあります。
ときには日本だけでなく他国の色彩事情も入ってきます。


スポンサーリンク


良いイメージの裏付けとして、
・染色の抽出は困難だったため貴重な色だった
・冠位十二階で紫は最上位の位の色
・各国で地位をもつものの象徴色となっている場合が多い
・紫色の花の花言葉に愛情を表現するものが多い
といったものがあります。

悪いイメージの裏付けとして
・都市伝説・学校の怪談に印象的な話がある
・時代劇や歌舞伎で病気の人の印として使われている
・イタリアでは喪服の色でもあり不吉な色とされて好まれない傾向
といったものがあります。

紫色は特に二面性がある色ですが、よい色のイメージよりも良くないイメージのインパクトが大きいので不吉の色の由縁となっているのかなと思います。


スポンサーリンク
あなたのカラーイメージを診断します

色の効果を知ろう

白のイメージ黒のイメージ灰のイメージ青のイメージ赤のイメージ緑のイメージ黄のイメージ橙のイメージ桃のイメージ紫のイメージ茶のイメージ金のイメージ銀のイメージ

iro-color

色の好き嫌い調査の結果2014
色のアンケート2


色のアンケート3

役立つ色の資格の資料請求
色に詳しくなるBOOK
このサイトに広告を載せませんか

色占い

金平糖時計