色カラー
色彩を中心とした通信サイト

色と文字の矛盾で起きるストループ効果

COLOR EPISODE

赤だけど青色

赤い色で「青」と書かれていたりすると、赤と読み違えてしまったり、答えるのに戸惑ってしまったりします。どちらも正しいけど言いたいことはどっちなんだ?というチグハグさ、イレギュラー具合で葛藤が起こるためです。

このような文字意味と文字色の矛盾ように同時に目にする二つの情報が干渉しあう現象をストループ効果といいます。言語情報(文字)より感覚情報(色)が優先されるならストループ効果、反対の場合は逆ストループ効果となります。

スポンサーリンク


赤い色で「青」と書くというのは分かりやすいストループ効果ですが、日常的にも案内看板や広告等で色と情報に矛盾が生じてストループ効果が起きているのを見かけます。

色と文字を矛盾させたとき優先するのは色

当サイトで、色と文字どちらを優先して認識するか?のアンケートを取った結果では文字から色名を上げる人より色から色名を上げる人の方が2倍近く多くいました。

行ったアンケートは赤と青で4種パターンの画像に対してそれぞれ赤色か青色かを選んでもらうというものです。

文字が青で赤色ベタ白抜き文字文字が青で白ベタ赤文字
文字が赤で青色ベタ白抜き文字文字が赤で白ベタ青文字

全パターンとも色から受ける色を認識する色としている人が多くいました。


スポンサーリンク
あなたのカラーイメージを診断します

色の効果を知ろう

白のイメージ黒のイメージ灰のイメージ青のイメージ赤のイメージ緑のイメージ黄のイメージ橙のイメージ桃のイメージ紫のイメージ茶のイメージ金のイメージ銀のイメージ

iro-color

色の好き嫌い調査の結果2014
色のアンケート2


色のアンケート3

役立つ色の資格の資料請求
色に詳しくなるBOOK
このサイトに広告を載せませんか

色占い

金平糖時計