色カラー
色彩を中心とした通信サイト

外国語での金・銀・銅の色の名称

COLOR EPISODE

各国語での金色・銀色・銅色の名称

金色・銀色・銅色といった色は鉱物が元になっている色です。これらの色は単色で表すことは難しく質感や光沢も含んだ方がそれらしく感じる色になります。色名としては日本語で鉱物の名前がそのまま色名になっているように外国語でも鉱物の名前がそのまま色名として表されます。14の言語での金色・銀色・銅色は以下のようになっています。


金色

日本語

英語
ゴールド(gold)

フランス語
オール(or)

ドイツ語
ゴルト(gold)

イタリア語
オーロ(oro)

スペイン語
オーロ(oro)

ポルトガル語
オウロ(ouro)

オランダ語
ハウトゥ(goud)

ラテン語
アウルム(aurum)

ギリシャ語
クリューソス

ロシア語
ゾーラタ

中国語
ホアンジン

韓国語
グム

アラビア語
ダハブ

銀色

日本語

英語
シルヴァー(silver)

フランス語
アルジャン(argent)

ドイツ語
ズィルバー(silber)

イタリア語
アルジェント(argento)

スペイン語
プラータ(plata)

ポルトガル語
プラータ(prata)

オランダ語
ジルヴァラ(zilver)

ラテン語
アルゲントゥム(argentum)

ギリシャ語
アルギュロス

ロシア語
シリブロー

中国語
イン

韓国語
ウン

アラビア語
フィッダ

銅色

日本語

英語
コパー(copper)

フランス語
キュイーヴル(cuivre)

ドイツ語
クップファー(kupfer)

イタリア語
ラーメ(rame)

スペイン語
コーブレ(cobre)

ポルトガル語
コーブレ(cobre)

オランダ語
コーパラ(koper)

ラテン語
アイス(aes)

ギリシャ語
カルコス

ロシア語
メーチ

中国語
トン

韓国語
ドン

アラビア語
ナハース


スポンサーリンク


作られた色と実際の金属の色を比べて見るとたいていは金属の方がくすんでいます。金属の色は作られたイメージが強くあり、金色や銀色は特にそうですが豪華にしたり高級に感じさせたりと印象を良くするために色と色名をうまくコントロールして使われています。質感や光沢を無くしたら金色は黄色、銀色は灰色、銅色は茶色です。単純に色だけでなく他の色とは違う工夫がされ特別な印象を受けるようになっているのが金属色です。

1つの単語に対して複数の言語で探せるネーミング辞典は持っていると重宝します。同じ意味をもつ言葉を外国語で追っていくことでいろんな発想がでてきます。広告業や小説家向けのものからアニメやマンガに特化したものまで各ジャンルに沿って専門的なネーミング辞書が発行されています。
名前で困ったときにいろいろ便利な辞書! ネーミング辞典

参考書籍:13か国語でわかる新ネーミング辞典


スポンサーリンク
あなたのカラーイメージを診断します

色の効果を知ろう

白のイメージ黒のイメージ灰のイメージ青のイメージ赤のイメージ緑のイメージ黄のイメージ橙のイメージ桃のイメージ紫のイメージ茶のイメージ金のイメージ銀のイメージ

iro-color

色の好き嫌い調査の結果2014
色のアンケート2


色のアンケート3

役立つ色の資格の資料請求
色に詳しくなるBOOK
このサイトに広告を載せませんか

共通認識される色の性質

金平糖時計