色カラー
色彩を中心とした情報サイト

好きな色嫌いな色のできる仕組み

COLOR EPISODE

経験と体験が色の好き嫌いを作る

人間関係や食べ物の好き嫌いは誰でも持っていると思います。

その好きな理由、嫌いな理由を聞いてみると、一目惚れや食べたことないからといった見た目からの場合と食べたり接したりして実際に体験したことから好き嫌いが発生する場合とがあります。

強く残るのは体験からのことで、褒められたり成功したり美味しかったりして快感を得れば好きに、怒られたりイヤな思いしたり不味かったりと不快な思いをすれば嫌いになるというのが好き嫌いの根底です。

スポンサーリンク


色の好みも同じで、受けた経験にあったイメージ色がその後の色との関わり合いにも影響してきます。

たとえば火の災難にあったあと赤色を避けるようになったり、昆虫を見ての恐怖から緑色を嫌いになるのは嫌な体験が深層心理に刻まれるからです。嫌いな色は負の体験から出来上がることが多いです。

好きな色ができるきっかけも、着ていた服が褒められたときの服の色がお気に入りになったり、楽しい気分いい気分のときに持っていたり視界にある色が好きになるという些細な動機です。嫌いな色に比べて好きな色は小さなきっかけでできやすくなっています。

色の好みは体験から得た出来事で変化していくので、色の性格よりも付随する感情が好みを分けていると考えられます。そうして人それぞれ個性的な色の好き嫌いのイメージが出来上がっています。

個々の感情により同じ色でも様々なイメージが浮かび上がり、前向きの感情と後ろ向きな感情が生まれ同じ色でも好き嫌いが分かれることになります。


スポンサーリンク
あなたのカラーイメージを診断します

色の効果を知ろう

白のイメージ黒のイメージ灰のイメージ青のイメージ赤のイメージ緑のイメージ黄のイメージ橙のイメージ桃のイメージ紫のイメージ茶のイメージ金のイメージ銀のイメージ

iro-color

色の好き嫌い調査の結果2014
色のアンケート2


色のアンケート3


共通認識される色の性質

金平糖時計