色カラー
色彩を中心とした情報サイト

色の状態を言葉で上手く説明するには

COLOR EPISODE

色の表現の仕方

色を説明するとき青ととか赤とかはっきりした色ならうまく伝わりやすいように説明できますが、色合いが微妙な感じの色を言い表すときには難しい。赤なんだけどこの赤じゃないんだよってとき、どんな言葉で伝えたら伝わるのかちょっと考え込んでしまうことも在ると思います。

スポンサーリンク


微妙な色の違いを表現するときに使える言い回しには、
「○○みを含んだ○○色」
「鮮やかな○○色」「くすんだ○○色」
「濃い○○色」「薄い○○色」
「暗い○○色」
「明るい○○色」

色の表現は色相・彩度・明度で作られます。「○○みを含んだ○○色」は色相に対しての色の差異を、「鮮やかな○○色」「くすんだ○○色」「濃い○○色」「薄い○○色」は彩度に対しての色の差異を、「暗い○○色」「明るい○○色」「濃い○○色」「薄い○○色」は明度に対する色の差異を説明するのに便利です。

「○○みを含んだ○○色」
それぞれに誰もが分かりやすい色名を入れて説明します。青みを含んだ緑色や緑みを含んだ青などとベースとなっている色にもうちょっとこの色が加わっていて欲しいってことを指すのに使います。

「鮮やかな○○色」「くすんだ○○色」「濃い○○色」「薄い○○色」
彩度の強さの変化を表すのに使います。


「暗い○○色」「明るい○○色」「濃い○○色」「薄い○○色」
明度の状態を表すのに使います。


スポンサーリンク
あなたのカラーイメージを診断します

色の効果を知ろう

白のイメージ黒のイメージ灰のイメージ青のイメージ赤のイメージ緑のイメージ黄のイメージ橙のイメージ桃のイメージ紫のイメージ茶のイメージ金のイメージ銀のイメージ

iro-color

色の好き嫌い調査の結果2014
色のアンケート2


色のアンケート3


色占い

金平糖時計