色カラー
色彩を中心とした通信サイト

体型の悩みを色が手助けします

COLOR EPISODE

体型を服の色のチカラを借りて変える

太っているのを隠したい、背が低いのを気づかれにくくしたい、痩せすぎているのを見せたくない、など体型の悩みは色の力を使ってカバーしましょう。

色には膨張色と収縮色とがあり、太っているのを誤魔化すには収縮色の効果を使います。収縮色は青などの寒色系で暗めの色と黒に近い色合いです。収縮色の色を使うことで引き締まった印象を作ることができます。

スポンサーリンク


明るい色の服で着やせ効果を出すには、縦のラインが出るような服を選びます。縦のストライプが入ったものや直線的なシャープなイメージがある服装だと細く見せることができます。

曲線よりも直線の方がシュッとした印象が残るので、トップスは襟回りが丸い服よりVネックなどの直線のラインが出るもの、ボトムスには波打っているフレアスカートより折り重なりが整ったプリーツスカート、太めのゆったりしたパンツより脚にしっかりフィットしたパンツの方が細く見えるようになります。

ショートパンツやミニスカートに合わせるレギンスやタイツも脚を細く見せるのに役立ちます。

太いのが気になる部分的に収縮色を取り入れて目線をそらす

細く見せたい部分を収縮色でまとめ、それ以外を膨張色にしたファッションにすると気になる部分を隠すことが出来ます。

脚を細く見せたいならボトムスに収縮色を、ウエストを締まって見せたいならくびれ回りに収縮色を使うか太めのベルトに収縮色を使うとすっきり引き締めてみせることができます。

膨張色は明るい目を引く色なので目の意識はそっちへまず向かいます。これに収縮色の引き締めてみせる色の効果を組み合わせることで着やせ効果を作ることができます。

痩せているのは膨張色でカバー

赤やオレンジや黄色などの暖色系で、明るい色・パステルカラーの色は実際より少し大きく見えます。白に近い明るい淡い色も膨張効果が期待できます。こういった大きく見える色を使って、ひ弱でない印象を工夫しましょう。

背の高さを変えるには

着る服の色の面積とポイントの位置によって、背を高く印象づけたり背が高いのを目立たちにくくしたりとコントロールできます。

少しでも背を高く見せたいなら明るい鮮やかな色をトップスに置きます。さらに腹筋回りより上部に明るい色がポイントとしてあるとよりスマートになります。

背が高いのを目立たなくするにはトップスとボトムスではっきり色分けすると実際より低く見せることができます。

服の色を縦に流れるように見せるか横に切って分散させるのか、目の導線を色でどう作るかによって背の高さを多少操作できます。

柄の入ったデザインは、細かい柄やシンプルなものは背を高く見せ、大きい柄は背を小さく見せます。これは柄の大きい小さいで視覚の錯覚効果によるものです。人の目には同じ物体でも大きい柄に囲まれると小さく、小さい柄に囲まれると大きく見える錯視があります。


スポンサーリンク
あなたのカラーイメージを診断します

色の効果を知ろう

白のイメージ黒のイメージ灰のイメージ青のイメージ赤のイメージ緑のイメージ黄のイメージ橙のイメージ桃のイメージ紫のイメージ茶のイメージ金のイメージ銀のイメージ

iro-color

色の好き嫌い調査の結果2014
色のアンケート2


色のアンケート3

役立つ色の資格の資料請求
色に詳しくなるBOOK
このサイトに広告を載せませんか

共通認識される色の性質

金平糖時計