色カラー
色彩を中心とした通信サイト

記事を充実させるアンケートコンテンツの作り方

KNACK OF DESIGN

アンケートを使ったWebサイトの集客方法

Yahoo!ニュースの意識調査やgooランキングといったアンケートを基にしたコンテンツは一定の人気があります。各種Webサイトのサイドバーでアンケートの回答を求めるガジェットもよく見かけるし、アンケートってサイトの集客に役に立ちそうです。


スポンサーリンク


アンケートの強みは人の興味を引くコンテンツが比較的簡単に作れ、且つオリジナル性の高いページになりやすいことです。アンケート結果をコンテンツとして公開することで、他の人の意見や自分の票の結果はどうなっているのだろうと再訪問してくれる可能性もあがるのでリピートにも繋がります。

ただ必要な条件がいくつかあり、

  • サイトのアクセス数がそれなりにあること
  • サイトのイメージに合ったアンケートであること
  • アンケート回答が気軽にできること

といったことが必要です。

これがクリアできればコンテンツを増やすのにとても有効なテクニックです。記事にしたいことや調査したいことを聞き、答えて頂いたことをまとめるという作業で1記事完成します。

サイトに訪問したときに
気軽に回答してもらえるアンケートをつくる

アンケートの記入が面倒くさいものはなかなか回答してもらえません。

自由回答と項目から選んでもらうのとでは回収数が大きく変わります。当サイト上で年末に行っているその年の自分を表す色のアンケートでも、色名を自由回答にしていたときは3日で2件という集まり具合でしたが色名を提示してそこから選んでもらう形式に替えたところ1日で10件以上集まるように変わりました。多くのアンケートサンプルが欲しいときには簡単に答えられることが大事です。

アンケートの回答項目の数も影響します。一つの事柄についてだけを聞いた方が集まります。よくばって同時にまとめて答えてもらおうとしても、回答に時間がかかりそうだと思われると敬遠され集まりません。それよりも簡単なアンケートを、一つアンケートが終わったらまた次のアンケートと期間を設けて継続して聞いていった方が答えてくれます。

いろんな人の回答が入ってくるアンケートは、記事の内容を充実させるのにも役立ちます。自分の主張や答えが既にあるものでも、みんなの意見や票数がどんな割合で入っているかを見せることでより濃い記事にすることができます。

より良いサイトを作るためのアンケート収集

サイトの改善点は自分では気づけないことも多いです。改善のために役立つのは第三者の意見で、コメントフォームといった窓口を用意しておくとアドバイスを貰えたりします。受付欄の文章も「ご意見があればご記入ください」などとアバウトに聞くよりも「サイトの色使いは見やすいですか?」といったように「はい」「いいえ」で書ける質問にしておくと回答を得やすいです。また、嬉しいことに意見を書いたついでにもう一言って方は結構いて他の改善点なども書いてきてくれます。入口を広く作っておくことでアンケートの収集数が増えます。

メールで教えてくれる方がいたりtwitterなどでエゴサーチしても分かる場合もありますがサイト上で匿名で答えられるコメントフォームを用意しておくと欲しい意見を手に入れることができます。

このサイトでのアンケート活動の状況

このサイトで何かアンケート行い、まとまった回答を頂くまでに2週間程度かかっています。一日のPVが約2万程度あり、その14日間なので約30万PVで一コンテンツ作れるようなアンケート回答数が集まっています。


スポンサーリンク
あなたのカラーイメージを診断します

色の効果を知ろう

白のイメージ黒のイメージ灰のイメージ青のイメージ赤のイメージ緑のイメージ黄のイメージ橙のイメージ桃のイメージ紫のイメージ茶のイメージ金のイメージ銀のイメージ

iro-color

色の好き嫌い調査の結果2014
色のアンケート2


色のアンケート3

役立つ色の資格の資料請求
色に詳しくなるBOOK
このサイトに広告を載せませんか

色占い

金平糖時計