色カラー
色彩を中心とした情報サイト


興味を引く記事を作るコツと記事の特徴

KNACK OF DESIGN

興味を引く記事を作るには

読んでもらえる記事にはちょっとしたコツと特徴があるようです。

文章を描く際には起承転結を意識すると思いますがwebで文をかくときにはまた別の切り口も必要となります。ネットでは頭の見出しや数行の書き出し分でそのページを読むかどうかが判断されます。そこで訪問者に食いついてもらうためには興味を持ってもらったりインパクトを与える文頭の文章が重要となります。

まず目に入る見だしはキャッチーにする

サイトへの訪問者の属性をまず考えます。多くの場合は、検索エンジン経由でのアクセスなのでそのキーワードで検索されてきた言葉を煽るキャッチを次のようなことで働きかける効果UPが期待できます。

「質問で問いかける」

「記事の要点を出す」

「求めていることがあるとイメージされる」

「データや数字を使う」

といったことを最初に書くことで見てみようという興味は上がります。日本語文で多いのは、だんだん確信に迫っていって最後に言いたいことを結論づけるという書き方ですがwebで書く文章の場合まず結論に近いものを冒頭に書きそこから掘り下げていくといった書き方の方が受け入れられます。

スポンサーリンク


紹介記事の拡散効果

「他サイトからのリンクはSEO対策となり検索エンジンからの評価が高まる」
普段はこれを意識してリンクがもらえるような記事を書いていて、
その狙いは検索エンジンからのアクセスを増やしたいってところからです。

検索エンジンで上位に表示された方が多くの訪問を期待でき、
他のサイトからのリンクはただ検索エンジンからの評価アップのために
必要と考えていました。

アクセスを一番稼げる方法が検索エンジンからやってくるひとを捕まえること。
そう思っていましたがもっと凄いことがあることを体験しました。

書いた記事が紹介されて
爆発的なアクセスがもらえることがある

びっくりするくらいアクセスが流れてきたのは
自分より有名なサイトから記事紹介されたときのことです。
普段の4〜5倍になったのをログで見たときには驚きました。
自分の力だけで作り出すことはできないことですが
記事をつくってネット上にUPしていれば
何らかのことで取り上げられボーナス的に
集客できる可能性があるというのを感じた瞬間です。

記事紹介でアクセスが爆発する要因として、
・元サイトが他サイトに記事提供をしている
・ツイッターやフェイスブックなどSNSと連携しやすくなっている
・サイトに集客力がある
といったことが考えられます。
1つのサイトで紹介されたあとに提携サイトに載ったり記事の感想が個人サイトに載ったりSNSで発言されたりして2次的に拡散していきネット上に広がっていく点が凄いところです。


スポンサーリンク

デザイン講座

デザインの考え方


文字・レイアウト・色


データ作り


紙・用紙


制作の知恵


WEB


パーソナルカラーを学んでみませんか?
自分に似合う色を理解することであなたの個性が引き出されます。
色占い 言葉の色を鑑定!色診断ファルベコローレ
配色の見本帳

色のアンケート




color selection

カラー講座:色の効果と影響力


デザイン講座:技とコツと豆知識


アンケート調査結果


PR


色のイメージ効果を知ろう

白のイメージ黒のイメージ灰のイメージ青のイメージ赤のイメージ緑のイメージ黄のイメージ橙のイメージ桃のイメージ紫のイメージ茶のイメージ金のイメージ銀のイメージ

色カラータグ


スポンサーリンク