色カラー
色彩を中心とした通信サイト

興味を引く記事を作るには

KNACK OF DESIGN

興味を引く記事を作るには

読んでもらえる記事にはちょっとしたコツと特徴があるようです。

文章を描く際には起承転結を意識すると思いますがwebで文をかくときにはまた別の切り口も必要となります。ネットでは頭の見出しや数行の書き出し分でそのページを読むかどうかが判断されます。そこで訪問者に食いついてもらうためには興味を持ってもらったりインパクトを与える文頭の文章が重要となります。

スポンサーリンク


まず目に入る見だしはキャッチーにする

サイトへの訪問者の属性をまず考えます。多くの場合は、検索エンジン経由でのアクセスなのでそのキーワードで検索されてきた言葉を煽るキャッチを次のようなことで働きかける効果UPが期待できます。

「質問で問いかける」

「記事の要点を出す」

「求めていることがあるとイメージされる」

「データや数字を使う」

といったことを最初に書くことで見てみようという興味は上がります。日本語文で多いのは、だんだん確信に迫っていって最後に言いたいことを結論づけるという書き方ですがwebで書く文章の場合まず結論に近いものを冒頭に書きそこから掘り下げていくといった書き方の方が受け入れられます。


スポンサーリンク
あなたのカラーイメージを診断します

色の効果を知ろう

白のイメージ黒のイメージ灰のイメージ青のイメージ赤のイメージ緑のイメージ黄のイメージ橙のイメージ桃のイメージ紫のイメージ茶のイメージ金のイメージ銀のイメージ

iro-color

色の好き嫌い調査の結果2014
色のアンケート2


色のアンケート3

役立つ色の資格の資料請求
色に詳しくなるBOOK
このサイトに広告を載せませんか

色占い

金平糖時計