色カラー
色彩を中心とした通信サイト

デザインの小ネタ

KNACK OF DESIGN

デザインの小ネタ

DTPで役立つ情報を管理人のデザイン制作経験から書いています。


スポンサーリンク


簡単にプレゼンカンプ・面接用作品を
120%くらい見栄えの良いものにする方法

黒い紙に作品を貼る。A4サイズで作品を作ったらA3もしくはB4の黒紙に貼る。そうすると作品がひきたちます。


便利なペーパーセメント

乾いてから使うと貼ってはがせるようになるのでアナログ的にレイアウトを考えるときに重宝します。ノリのようにしっかり接着したくないけど貼りたいってときにも便利です。


自分のお気に入りのカラーパレットを持っておく

自分好みの色のリストを持っていると頼りになります。困ったときにはこの色でっ!とな。


紙を真っ直ぐ切るためのカッターの使い方

お客さんにカンプを見せるとき、実際の仕上がりと同じように作って見せる場合が多いと思います。そのときカッターを使って紙を切るとき真っ直ぐ切るための持ち方があります。カッターの背に人差し指をのせて肘を垂直にさせて上から下へに引くように切ると曲がらず真っ直ぐ切ることが来ます。ぶれない関節の可動域を上手く使うのがコツ。

写真を使った真っ直ぐ切るためのカッターの使い方はこちら

1色印刷のとき必要な解像度

フルカラーと同様にモノクロ印刷や単色印刷の場合も350dpi程度あったほうがいいです。ただ、予算によって単色印刷が選ばれるときには紙質のランクも落とす場合が多いのでその場合は低い解像度でも大丈夫になります。新聞紙やコピー紙などのざらついた紙に印刷する場合には150dpi程度あれば十分な解像度です。


スポンサーリンク
あなたのカラーイメージを診断します

色の効果を知ろう

白のイメージ黒のイメージ灰のイメージ青のイメージ赤のイメージ緑のイメージ黄のイメージ橙のイメージ桃のイメージ紫のイメージ茶のイメージ金のイメージ銀のイメージ

iro-color

色の好き嫌い調査の結果2014
色のアンケート2


色のアンケート3

役立つ色の資格の資料請求
色に詳しくなるBOOK
このサイトに広告を載せませんか

共通認識される色の性質

金平糖時計


デザインのコツ

考え方

データ作り

レイアウト

文字

知っていると便利