色カラー
色彩を中心とした通信サイト

見せる文字とそうでない文字

KNACK OF DESIGN

見せる文字とそうでない文字

紙面・画面作りおいて、ぱっと見て目に入ってくる文字とそのあとに内容を知るための文章の区別化は必須です。


スポンサーリンク


ジャンプ率を考えて読ませたい文字の順に文字サイズを調整しましょう。タイトル>リードコピー>ボディコピー>キャプションって大きさにしていくのが基本です。リードコピーとボディコピーとキャプションの扱いかたによって見え方の出来映え・完成度は全然違うので意識して作りましょう。

情報量が多いものを少ないスペースで見せなければならないときには全部を目立たせたいって思ってもなにかしら優先順位をつくってあげないと見にくくなり全体がゴチャゴチャしたりぼんやりしてしまう。一番目に入って欲しいポイントを決めてそこから目線を誘導していく構成つくると情報量が多くてもスッキリさせることができます。

文章の区別化には文字サイズの他にフォントを「タイトルはゴシック体でボディコピーは明朝体」とかと書体の種類を要素で分ける、「デザイン処理を加えて区別する」などのことをすると認識性が上がり分かりやすくなります。


ジャンプ率とは

タイトル・見出しなどの画面の中の一番大きな文字サイズとボディコピー(記事)のサイズの差の比率のことをいう。
躍動感を作りたいときにはジャンプ率を大きく、落ち着いた作りにしたいときにはジャンプ率を小さくすると主張できます。

ジャンプ率が大きい媒体
新聞、情報誌、週刊誌、若者向け雑誌など
ジャンプ率が小さい媒体
写真・ビジュアル誌、年輩向け雑誌、学校・学術関連書など


スポンサーリンク
あなたのカラーイメージを診断します

色の効果を知ろう

白のイメージ黒のイメージ灰のイメージ青のイメージ赤のイメージ緑のイメージ黄のイメージ橙のイメージ桃のイメージ紫のイメージ茶のイメージ金のイメージ銀のイメージ

iro-color

色の好き嫌い調査の結果2014
色のアンケート2


色のアンケート3

役立つ色の資格の資料請求
色に詳しくなるBOOK
このサイトに広告を載せませんか

色占い

金平糖時計


デザインのコツ

考え方

データ作り

レイアウト

文字

知っていると便利