色カラー
色彩を中心とした通信サイト

自分で発注から納品まで全てやってみる

KNACK OF DESIGN

伸びるデザイナーは
自分でもコストをかけて何か作っている

身銭を切ってものを作ると成長度合いが違います。会社の仕事として作るものと、自分がすべて動いてお金や時間も使って作るものでは制作意識がだいぶ変わります。

スポンサーリンク


会社だとどうしても人のための仕事となり責任感をもって作業をしているつもりでも会社という後ろ盾があるため、ゆるみがでます。特に費用と広告効果については自分のお金でなかったり知ることができなかったりするので意識が向きにくいものです。

これが自分自身でお金をかけて作る制作物の場合、コストや効果を仕事以上に考えるようになります。また、普段は分業だったり決まったフォーマットに沿って作っていれば良かったものも、ひとりで全部やり方を考える必要が出てきます。デザインを作るだけでなく制作全体の流れもつかめるようになるので独自にやってみることは成長につながります。

デザイン会社で働いている人でも何でも出来るわけではない

納品データを作れない人、印刷発注のやり方を知らない人はデザイン会社で働いている人の中に結構な数がいます。これは分業して制作が行われていてデザインだけ作っていればいい人は他のことを知らなくても仕事が成り立つためです。制作人数が多いデザイン会社にこの傾向があります。ただ、全体の流れを知って作業している人と知らないでやっている人ではスキルや作るものにかなり差がでます。分かっている人は次に行われる工程や仕上がりの状態まで考えてデザインできますが、知らない人はフォーマットや定められたルールに沿ってしか作れません。ヘタなデザイナーより同人誌を作っている人の方が詳しい場合もあります。

直受の仕事を手に入れよう

知り合いに伝えておく

友達に自分のやっている仕事内容をしっかり話しておくと、作ってもらえないかといった話がきます。ある程度好きなように作っても大丈夫なら引き受けるべきでが、やけに要求が大きくなる場合もあるので最初にヒヤリングをしっかりして割に合わないと思うならしっかり断ることも必要です。

近所のお店のチラシを作る

近所のお店のチラシがポスティングされていて、自分でそれより上手に作れると思ったら作らせてくれないか頼んでみましょう。小さなショップは自身でチラシを作成している場合が多く、また作ってくれるいい人がいれば頼みたいと思っています。個人経営の美容院などは狙い目です。あと顔なじみになっていると提案したとき頼んでもらいやすいです。

自分で作ったものを宣伝したり販売する

個人用の名刺やWebサイトの宣伝のためのチラシといった自分のPRツールを作ることでもスキルは上達します。


スポンサーリンク
あなたのカラーイメージを診断します

色の効果を知ろう

白のイメージ黒のイメージ灰のイメージ青のイメージ赤のイメージ緑のイメージ黄のイメージ橙のイメージ桃のイメージ紫のイメージ茶のイメージ金のイメージ銀のイメージ

iro-color

色の好き嫌い調査の結果2014
色のアンケート2


色のアンケート3

役立つ色の資格の資料請求
色に詳しくなるBOOK
このサイトに広告を載せませんか

共通認識される色の性質

金平糖時計


デザインのコツ

考え方

データ作り

レイアウト

文字

知っていると便利