色カラー
色彩を中心とした情報サイト


タイトル・見出しのデザイン処理の一例

KNACK OF DESIGN

タイトル・見出しのデザイン処理

まず最初にぱっと見て目がいくべきなのがページのタイトルや見出しです。

この部分は文字を一番大きくしておけばひとまず認識してもらえますが、デザイン処理が加えられていると見栄えが良くなって伝わりやすくなります。

作り込まずにできるタイトル処理のパターンを紹介します。

シンプルに作るタイトル・見出しは以下のパターンで十分主張できます。

スポンサーリンク


フォントで代表的な形のゴシック体と明朝体を使ったデザインパターンです。これに色のバリエーションを付けることでタイトルや見出しを作っていきます。

ゴシック体のロゴ 明朝体のロゴ

ベースとなるデザインパターンがあるとそこから閃くアイデアの質が違います。

また、時間を自由に使えるならいいのですが、完成まで限られた時間で作業しなければいけない場合にはリデザインで対応するのが効率としてはよくなります。

タイトルは目立ちがり屋

タイトルは戦隊ヒーローものならレッド的なものです。

そのページでその紙面でその空間で、まず目線が行くべき存在にしておきましょう。


スポンサーリンク

デザイン講座

デザインの考え方


文字・レイアウト・色


データ作り


紙・用紙


制作の知恵


WEB


パーソナルカラーを学んでみませんか?
自分に似合う色を理解することであなたの個性が引き出されます。
色占い 言葉の色を鑑定!色診断ファルベコローレ
配色の見本帳

色のアンケート




color selection

カラー講座:色の効果と影響力


デザイン講座:技とコツと豆知識


アンケート調査結果


PR


色のイメージ効果を知ろう

白のイメージ黒のイメージ灰のイメージ青のイメージ赤のイメージ緑のイメージ黄のイメージ橙のイメージ桃のイメージ紫のイメージ茶のイメージ金のイメージ銀のイメージ

色カラータグ


スポンサーリンク