色カラー
色彩データとデザイン講座


ロゴ作成!ロゴマークの作り方・ロゴデザイン


KNACK OF DESIGN

ロゴマークの作り方・考え方

新人デザイナーが知っていて欲しいロゴをデザインするときの考え方とやり方、作成方法をいくつか紹介します。


コンセプトを付ける

ロゴを作成するときには、このロゴはこんな意味やイメージで考えて作ったという理由をつけることが必要です。これが説明できないとロゴの必要性はなくなってしまいます。

フォントをそのまま使わない

ロゴ作成で使う文字は作字して作るべきです。ロゴの使用レベルによりますがCIロゴともなればオリジナリティは必須です。まずは紙に書いてイメージを作ることをオススメします。
フォントをベースにするにしてもなにかしら手を加え、加工して個性を出しましょう。

色で誤魔化さない

ロゴはまずは形がすべてです。墨一色でも主張してくるロゴをつくりましょう。

ベジェ曲線でつくる

ロゴはイラストレーターなどのベジェ曲線の使えるグラフィックソフトで仕上げた方が使い勝手が良くなります。ロゴは拡大縮小したりして色々な名刺や封筒や商材、看板などといろいろな用途に使います。サイズを変えたときにロゴのデザインがガタガタになったり変化したりしないように作るべきです。

とくに理由が無ければビットマップの画像でなくパスのあるベジェ曲線で作成しましょう。

急ぐときのロゴの作成案

大至急制作しなければならないときのスピード作成方法として文字をロゴっぽく仕上げる技として次のことを知っていると重宝します。

文字の天地の高さをそろえるだけでもロゴになる
文字を打ってフォントのバランスを整えるだけでもなんとかロゴになります。

文字の太さを均一にするだけでもロゴになる
フォントをトレースして均一の文字幅の字を作ることでロゴが出来上がります。

フォントは文章として読んだときに読みやすいバランスに1文字ずつ調整されています。マークとしての塊で見たときに文字によって強弱ができてしまっているのでそれをフラットにすることでロゴっぽくなります。

ロゴ

印象づけのためにロゴは効果的です。ロゴは絵だけ・文字だけ・文字と絵が組み合わさったものに分けられます。文字だけのロゴをタイプラボといいます。

ロゴの作成

ロゴを作る際には下絵を紙に書いてイラストレータなどのグラフィックソフトでトレスして作るのが一般的です。場合によっては手書きのものをそのまま使用することもあります。伝統の在る歴史の感じるロゴはアナログで作られ現在ではデジタルデータ化されている。DTPが普及してからは最初からデジタルデータでほぼ制作します。

タイトルロゴのデザイン見本



関連記事

色の勉強!役立つ色の知識を動画で学習

iro-color

iro-color

色のアンケート2
ポケットサイズなので、持ち歩きに便利!

色のアンケート3

パーソナルカラー診断ファルベコローレ

言葉のイメージを色に変換してくれるサイトです!日本語に限らずいろいろな文字を入力して遊べます。色と言葉の繋がりが思っていたイメージと一致しているか比べてみてください。

色占い

色に詳しくなる!



color selection

広告デザインやイラストを描くなどの創作活動、インテリアや建築設計にファッションと様々なシーンで色は重要な要素になります。

カラー講座:色の効果と影響力


デザイン講座:技とコツと豆知識


アンケート調査結果


色のアンケートの題材を募集中!アンケート調査致します(例:色が印象的な観光名所を知りたい)など、色についての目安箱へお送りください。


脚が細く見える色…あなたは知っていますか?