色カラー

ロゴ作成!ロゴマークの作り方・ロゴデザイン

iro-color
KNACK OF DESIGN

ロゴマークの作り方・考え方

新人デザイナーが知っていて欲しいロゴをデザインするときの考え方とやり方、作成方法。

コンセプトを付ける

ロゴを作成するときには、このロゴはこんな意味やイメージで考えて作ったという理由をつけることが必要です。これが説明できないとロゴの必要性はなくなってしまいます。

フォントをそのまま使わない

ロゴ作成で使う文字は作字して作るべきです。ロゴの使用レベルによりますがCIロゴともなればオリジナリティは必須です。まずは紙に書いてイメージを作ることをオススメします。
フォントをベースにするにしてもなにかしら手を加え、加工して個性を出しましょう。

色で誤魔化さない

ロゴはまずは形がすべてです。墨一色でも主張してくるロゴをつくりましょう。

ベジェ曲線でつくる

ロゴはイラストレーターなどのベジェ曲線の使えるグラフィックソフトを使って作った方がいい。ロゴは拡大縮小したりして使うので、サイズを変えたときにロゴのデザインがガタガタになったり劣化したり変化したりしないようにつくる。理由が無ければビットマップの画像でなくパスのあるベジェ曲線でつくったほうがいい。

急ぐときのロゴの作成案

ロゴを大至急制作しなければならないときのスピード作成方法。

文字の天地の高さをそろえるだけでもロゴになる:文字を打ってフォントのバランスを整えるだけでもなんとかロゴになります。

文字の太さを均一にするだけでもロゴになる:フォントをトレースして均一の文字幅の字を作ることでロゴが出来上がります。

ロゴ

印象づけのためにロゴは効果的です。ロゴは絵だけ・文字だけ・文字と絵が組み合わさったものに分けられます。文字だけのロゴをタイプラボといいます。

ロゴの作成

ロゴを作る際には下絵を紙に書いてイラストレータなどのグラフィックソフトでトレスして作るのが一般的です。場合によっては手書きのものをそのまま使用することもあります。伝統の在る歴史の感じるロゴはアナログで作られ現在ではデジタルデータ化されている。DTPが普及してからは最初からデジタルデータでほぼ制作します。

タイトルロゴのデザイン見本




デザインのコツ

考え方

DTPデザインの基本のルール
デザインセンスを磨くロゴマーク制作のコツ
広告デザインを良くするための手引き
仕事としてデザインするとき意識したい10のスキル
伸びるデザイナーは自分でもコストをかけて何か作っている
チラシ制作のアイデア

データ作り

データチェック
どこまでセーフ?印刷解像度

レイアウト

配置の基本1:スペースの開け方
配置の基本2:レイアウト・要素の並べ方

文字

文字の基本1:文字の扱いについてのいろいろ
文字の基本2:見せる文字とそうでない文字
文字の基本3:デザインでよく使う記号の読み方

迷いを解決するDTPにおける配色の考え方

知っていると便利

用紙サイズ一覧デザインの小ネタ
デザインや印刷の現場でよく使う用語
カッターで紙をまっすぐ切るコツは姿勢と持ち方
ミスを無くす校正のやり方
デザイン業界で働くには(DTP)

色彩講座!色彩心理学をマスターしよう


color selection

注目のページ

色の人気記事

技とコツと豆知識




色のアンケートの題材を募集中!リサーチ調査致します。(例:色が印象的な観光名所を知りたい)など、トップページ中段のコメントフォームよりお送りください。


広告や販売の為のデザインやイラストを描くなどの創作活動、インテリアや建築設計にファッションと様々なシーンで色は重要な要素です。

※サイト内の色の数値は目安です。使用ソフトやバージョンによって色変換の数値は多少異なります。



ロゴ作成!ロゴマークの作り方・ロゴデザイン

色彩講座とDTP&Webデザインのサイト


Copyright © 2009-2014 http://iro-color.com - 色の参考書籍 - サイトマップ - お問い合わせ・依頼