デザイナーの肩こり対策

肩こりを直すためのいろいろ

一日座りっぱなし長時間のデスクワーク労働をしているデザイナーは、油断しているとすぐ肩こりに襲われます。最初は週末にしっかり休めば摂れていたコリも、しだいに取れなくなり肩から首、頭へと疲れの範囲は広がっていきコリから張り、痛みへと症状も悪化して慢性的な状態になって行きます。

肩こりの主な原因

血の流れが悪くなり疲労がたまったまま回復しないと肩こりの症状がでてきます。同じ姿勢でずっといたり、運動不足やストレスが増えると首回りの筋肉が緊張してしまい肩こりのもとになります。コリをほぐすためには血流をよくすることが必要です。肩コリは病院に行って検査してもすぐに原因が分かるものではありません。体の中が悪い場合はレントゲンをとればすぐに分かるそうですが、そうでない場合がほとんどです。ストレスなのか姿勢なのかといった何が主な原因になっているのかを予測し個々にあった改善方法を探っていくしかないようです。

肩こり対策

私が行ってみた肩こり対策です。

食事や薬で治す

肩こりに効く栄養素はビタミンB群です。ビタミンB群は神経や筋肉を働かせる役割を持っています。不足すると疲労しやすくなります。疲れたなって時に飲む栄養ドリンクにも必ず含まれている成分で、食べ物では豚肉や各種レバーに多く含まれています。他にもいろいろな食品に含まれていて、納豆などの豆類、牛乳などの乳製品、たらこなどの卵類は毎日食べるのに適しています。ビタミンB群は体に貯めておくことができません。取り過ぎても尿になって出ていくだけなので1日の中で分散してこまめに取ることが必要です。

薬局などで売られている腰痛・肩こり・眼精疲労の緩和・肉体疲労に効くと書かれた錠剤(チョコラBBやアリナミン)や筋弛緩成分の入った錠剤(コリホグスなど)は即効性があります。筋弛緩成分があった方が軽くなった実感は強いと思います。

マッサージで治す

当たりのマッサージ店を探し当てるまでが大変ですが自分に合うところが見つかると、重たいコリも取り去ってくれます。チェーン店よりも個人店で担当者が変わらないところの方が自分の体のコリ具合を覚えてくれて凝っているポイントを重点的にやってくれます。強く揉んで欲しいときには、一般的なマッサージ店よりタイ式や台湾式と書かれているところにいくと最初から強めのマッサージを受けられます。

ハリで治す

整骨院などでハリやお灸を施術してもらったとき2〜3日は効果がありました。マッサージに比べてやってもらった感が低いため気持ちの面での効果が薄いです。一時的に緩和する感じなので継続して治療が必要になるかと思います。

ストレッチで治す

柔軟体操や体をひねる動作、作業中には行わない手や動きの動作をすることにより、つらさを緩和したり血流をよくしてくれます。手軽にできます。

運動で治す

運動している時間なんて無い、運動するのが嫌い。という人は多いとお思いますが、運動することは一番継続的な効果があります。筋肉を刺激するので代謝はよくなります。また、かなり重度な肩こりを持っている人はためしにゆっくりジョギングをしてみてください。走ることによって適度に肩が揺れることによりマッサージ効果が得られてとても気持ちよかったりします。15分くらい走った後にはかなり肩こりもほぐれています。週に1度でも走っておくとコリの蓄積は軽減されます。なわとびなどジャンプする運動も肩が刺激されるので効きます。

代謝をよくして全身に血を巡らせることがコリを防ぐために重要なことです。

ストレスを無くすとコリも治る

ストレスによる肩こりは精神的な緊張からくるコリです。スケジュールに追われたり苦手な人と接しなければいけなかったり、この要因によって肩こりになっている人は多いそうです。ストレスを緩和させることによってコリの症状を改善できます。

仕事でのストレスは気分転換を意識的に行うことによって緩和できます。一番手軽なのは深呼吸です。作業に没頭していると呼吸も浅くなり体もこわばってきます。データをプリントしたときや保存をしたタイミングで深く呼吸をすると酸素がめぐり気持ちを整えられます。昼休みに外にでたり、書類をまとめたりちょっとしたミーティングなどは立って行ったりすると体の姿勢に変化をつけられ筋肉が緊張していくのを防げます。





色とデザインで選ぶ逸品を紹介


Copyright © http://iro-color.com