色の着やせ効果

色で痩せる

色には膨らんで見える色と引き締まって見える色があります。大きく膨らんで見える色は膨張色、引き締まって小さく見える色は収縮色といわれます。この色の効果を使うことによって体型の見え方に変化を付けることができます。ただ小さく見える収縮色を使えばいいというわけではなく色の組み合わせを上手に活用することが必要です。

色の力を使った痩せ方・痩せて見えるメソッド

黒色紺色黒や紺といった濃い色は周りを引き締めます。色を吸収する効果で一回り小さく見えるので黒系の服は着やせします。ただ、黒には物を重く見せる効果もあり、ふっくらした人が黒を着た場合には重そうに見えてしまいます。体型によって黒の痩せ効果は正反対になってしうので注意が必要です。

白色ピンク色白色やピンクや黄色などの膨張色は太って見えるといわれますが、濃淡を付けることにより膨張を意識せず着こなせます。明るい色だけの全身なら膨張しますが陰影がしっかりあればスマートに見えます。

視覚効果を使う

服の上下で濃い暗い色・薄く明るい色に分ける。引き締まって見える部分と広がって見える部分を作ることでメリハリができ、全体で見たときに体型がよく見えます。

気になるところは目立たない色を使って隠します。お腹や二の腕、太ももといったお肉が気になる部分は茶色やグレー、薄い青、紫などといったアースカラーや中間色の曖昧な色を置くことにとって気になる部分への視線を遠ざけられます。

ボーダーよりもストライブ柄と、縦のラインを意識させると細く見えます。


体作りも大事

見た目だけでなく内面の痩せも意識してみましょう。自然から生み出される酵素は体の吸収・消化の働きを活性化させるのでダイエットや体型の維持に役立ってくれます。

美菜酵素はネット通販限定商品です。

詳しい情報はこちら


カロリーコントロールで痩せる

1日800kcalセーブしていけば痩せます。
食事なら朝昼は普段通り、夕食を300kcal以内の食事にすることで減らせます。
運動でカロリーを消費するなら
体重(kg)×走る距離(km)が消費するkcalの目安になります。
60kgの人なら約12km走ることで800kcal消費できます。
食事で減らすか運動で減らすかはあなた次第です。




色とデザインで選ぶ逸品を紹介


Copyright © http://iro-color.com