収納の用途によって選ぶ箱の色

収納箱の色

洋服やアクセサリー、通帳や宝物などは入れておく箱の色によって扱い方の意識がちょっとかわります。色から感じる重さを意識して収納ボックスやケースを選んでみましょう。

ダークトーンの箱には大切なものを入れよう

落ち着いた濃い色や黒色といった色は高級感を感じます。濃い色の箱に入れておくことで大切にしなければという気持ちがより働くようになります。大事なものを無くしやすい人へもおすすめです。

よく使うものはホワイトカラーの箱がおすすめ

白色は目に入りやすい色なのでその時に必要としているものがすぐに分かり手に取りやすくなります。

とりあえずで取っておくものは白色の箱に入れておこう

軽いイメージのある白色の箱は気軽にちょっと開けてみたいという気持ちになります。見る回数が多ければその都度「いる」「いらない」を判断できるので押し入れが圧迫していくのを防げます。


収納の王様・ダンボールと色の関係

素材と色

ダンボールの素材は紙です。その紙は木から作られています。木は茶色や黄土色や薄い黄色なので、でき上がる紙もその木の色です。ノートやコピー用紙は白色ですがこれは紙を作る過程で漂白して白色に作られています。さらに染料などを着色するとカラー紙になります。

ダンボールに茶色が多い理由

ダンボールの色で茶色が多いのは基本的に漂白や着色が行われないためです。木の色のまま仕上げるので茶色のダンボールとなります。ダンボールはものを入れて運ぶための箱として利用されます。梱包材として箱の中ものもを保護してくれればいいので余計な装飾はされず、なるべくコストをかけずに作られています。

白色ダンボール

ダンボールといえば通常は茶色ですが、白色のダンボールが増えています。短時間に荷物をたくさん運ぶ宅配便や引っ越しの業者で扱っているダンボールは白色が多くなっています。これは色の心理効果を考えてのものです。同じ重さのものでも色によって受ける印象が変わり、明るい色は軽く感じ、暗い色は重く感じことが分かっています。一番軽く見えるのが白色です。1日に何百個も荷物を絶え間なく運搬するとき、重さの印象は作業に大きく影響します。多少コストがかかっても白色ダンボールへと切り替わっているのは作業効率がよくなるからです。茶色のダンボールもなるべく軽い印象になるように薄い茶色になっています。





色とデザインで選ぶ逸品を紹介


Copyright © http://iro-color.com