色とサービスと商品紹介

メニュー


色の勉強!色彩講座で役立つ色の効果を学習


色に詳しくなれる本やグッズ

日常は色で満ち溢れています。お店に行けば色とりどりの商品があり、その多種多様なカラーリングは、楽しい気分にしてくれます。商品を買うときには、機能を追い求めることと同じくらい色も重要な選択基準になっています。人とは違う個性的なものを手にしたいという欲求を満たしてくれるものの一つが色です。


色で選ばれるアイテム

下の表は「色が気に入って買ったもの」をアンケート調査したときに回答された一例です。特にファッション系のアイテムが色が決めてになって買うことが多いようです。最近、色を選んで買いものをしましたか?

ジャンル 品物
ファッション 服、ポロシャツ、パーカー、スカーフ、傘、レインブーツ、財布、帽子、Tシャツ、サンダル、鞄、パンツ、ズボン、スカート、ワンピース、ルームウエア、ポロシャツ、靴、指輪、トートバッグ、作業着、カバン、チュウニック、サンダル、ジーンズ、シャツ、マキシ丈ワンピース、トレーナー、ドライメッシュシャツ、リュック ピンク、黒、紫、水色、パールピンク、ネイビー、紺、グレー、クリムゾンレッド、茶色、カーキー、赤、ベージュ、水色、ライトイエロー、黄緑、白、パステルピンク、パステルグリーン、パステルイエロー、黄色、緑、グリーン、濃紺、カフェオレ色、青、深青色、白に緑柄、紫と紺、ラベンダー、青緑、ゴールドに近い銀
雑貨 キーホルダー、小銭入れ、ポーチ、傘 ピンク、黄色、黒、ピンク、紺
食べ物 ジュース、ランチョンマット 赤、黄緑、緑
インテリア ソファー、家具 薄緑、白
日用品 ファイル、ノート、筆箱 ピンク、橙色
電化製品 携帯電話、テレビ、イヤホン オレンジ、茶色、赤
スポーツ パワーバランス
etc. 車、漫画 パールホワイト、黒

好きな色は衝動買いをしやすくなります。多くの人が好む青・ピンク・黒の系統色が商品カラーとして定番的に用意されているのは売れるからという理由が作用しています。

色彩データとデザイン講座




色とデザインで選ぶ逸品を紹介


Copyright © http://iro-color.com